FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

敵から見た反逆者の価値⑧

「敵から見た反逆者の価値」第8回目です。
よしんば勝ちいくさの状態に状態に好転しても、ソ連の異常なるいくさ指導に幻滅して、そうしたソ連軍から離脱しようと欲するソ連兵が少なからず出たとしても異常ではありますまい。
そして、対ソ戦争の長期化によってドイツ軍側でも兵力の減少に悩み、ソ連兵の中から人を集めてロシア解放軍(POA)を編成して、兵力の不足を補おうと言う発想が次第に強くなっていきました。
もっとも、それでももともと敵であった者だからと言う事で、必ずしも信用が置けると言う訳ではなく、そうしたジレンマの中で、POAはなかなか対ソ戦争に動員される事はなく、最後の年になってようやく対ソ戦争に動員される事になりました。それ以前は、その前身である東方部隊として、西ヨーロッパで反独抵抗運動鎮圧に従事していました。
しかしPOAが実際に戦ったのは、終戦直前のプラハにおいてドイツ軍相手でした。なるほどドイツの絶望的な状況からすれば、彼らとたもとを分かつ事こそ好ましかったと言う事でしょう。
プラハの抵抗組織とともにドイツ軍相手のいくさを終えた彼らは西側連合軍に対して降伏して、そのまま西側に移住を望んだ物の、ソ連軍に引き渡され、反逆者として多くが処刑され、あるいは強制労働に従事させられたのでした。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 韓国なんぞに言われたくねぇ | ホーム | 北朝鮮の場合、軍隊総特殊部隊みたいな物じゃなかろうか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP