FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

恩返しなどちゃんちゃらおかしい

みなさんこんにちは。今月は、新聞記事の中に元残留孤児たちが国の援助を受けて日本定住を図る一方で、中国へ恩返ししたいと言う内容の物がありました。残念ながら、その記事に関しては紛失してしまって、いつものように引用と言う訳には行きませんから、出し抜けに自分の意見を書いてみます。
ざっくばらんに言って、どうもこうした残留孤児に関する主張と言うのは、悲惨には違いないでしょうが、なにやら、戦争が終わっても久しく捕虜生活の苦労でもあったかのように感じられます。
なるほど、血のつながりのある家族との別離は悲惨に違いありますまい。しかし、その一方で、中国での育ての親との関係はどうだったのでしょうか。
さらに、長年の中国生活で、現地で配偶者を得て、子供をもうけた人もいます。にもかかわらず、それでも家族帯同で日本に帰れる事が当然と思っているのか、うれしい事のように感じる人が続出しています。
結局の所、悲惨だったのは、血のつながりのある家族との別離よりも、中国での暮らしそのものだったと言うのが本音だったのではないのでしょうか。
そうとでも考えなければ、長年住み慣れた国を出て行く事をすんなり行いえるとは思えません。
これは既に前回取り上げた事ですが、彼らが得た家族に到っては、日本は全く未知の地、異質な環境なのです。そうした家族が異質な環境に対してびひると言う事があってもよさそうな物ですが、日本国の援助と言う物は、そうした可能性に対して何ら配慮していないのです。
まあ、社会保障のなっていない中国よりは、保険料払わずとも年金受給が可能となれば、日本の方がいいと感じるのは彼らとしては間違いありますまいが、結局の所が、それは乞食の発想であり、中国での暮らしはろくでもないと婉曲に吹聴する物でしかありません。
自分自身の暮らしですら、万事日本国に付回しをする環境の下で、中国に対する恩返しなんぞちゃんちゃらおかしいです。それすらも実質的には日本国への付回しでやりかねないでしょう。と言うか、それ以前に、日本への帰国を欲した段階で恩知らずの態度を表明したと言うべきかも知れません。
また、もっとうがった発想をするのならば、彼らとても中国で教育を受けたならば、ひょっとしたら反日的な発想が根付いて、事によったら反日的な活動を行う事が中国に対する恩返しと考えているかも知れません。

残留孤児は、援助を受けてまで日本に居つくな! 慣れた地で自力で暮らすべし! クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 金持ちも必ずしも楽じゃない | ホーム | ファシズムの定義④ >>


コメント

可愛く作れてますか?

サイト作成は初めてでぇす。プロフは友達も作ってたので私も頑張って作成しました。プロフもってる人はメル友になって見せ合いっこしませんか?メアドのせてるので連絡ください。love-friend0925@docomo.ne.jp

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP