FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

はなから外国人のために漫画が執筆されている訳じゃないぞ

「進撃の巨人」「名探偵コナン」…日本軍国主義に汚染されたアニメ・マンガ―日本華字紙

2014年5月22日、日本華字紙・日本新華僑報は記事「日本右翼がアニメ・マンガを汚染、アジアのファンを困らせる」を掲載した。

人気マンガ『進撃の巨人』。先日、雑誌連載の一部に卑わいな言葉が書き込まれていたことが発覚。作者の諫山創は助手のしたことで本意ではなかったと説明したうえで謝罪した。何か問題が起きると「パートタイマーがやったこと」と言い訳するのは、日本も中国も同じようだ。

もっとも『進撃の巨人』の問題はこれだけではない。以前、作中の登場人物が旧日本軍の将校・秋山好古をモデルにしていたことが話題となった。秋山は日清戦争の旅順大虐殺にも参加した人物。中国、韓国のファンから諫山創は右翼ではないのかとの疑問の声もあがった。

右翼的傾向が疑われる日本のアニメ・マンガはこれだけではない。昨年公開されたアニメ「名探偵コナン 絶海の探偵」には旭日旗が登場。中韓メディアからは軍国主義の傾向の表れと批判された。また古いマンガだが、秋山ジョージ著の『マンガ中国入門』は「中国のGDPの10%は性サービス関連」「日本で流行した伝染病はすべて中国起源」などなど激しく中国を批判している。他にもマンガ『嫌韓流』の大ヒットも記憶に新しい。

もっともこうした一部の例だけで日本のアニメ・マンガ全体に失望する必要はない。ほとんどの漫画家は“中国好き”と言って間違いはない。手塚治虫は中国のアニメ「鉄扇公主」に強い影響を受けている。宮崎駿は従軍慰安婦問題について「適切な謝罪をするべきだ」と批判している。

右翼的反中感情が二次元を汚染する行為は許しがたい。とはいえアジアの読者は正しく取捨選択をすればいいだけだ。良いものだけを読み、悪いものは読まない。中国にとって、国産マンガの健全な発展の道は日本マンガすべてをボイコットすることではないだろう。(翻訳・編集/KT)



だから中国は、抗日ドラマなんぞ作らずに抗日アニメでも作れば良いと。てめえらは何様のつもりなんだよ。わが国の漫画が万事海外向けにも配慮すべしとでも思っているのですかねぇ。
それにしても、我が国の漫画がそれほど軍国主義と言う「毒」にあるのでしょうかねぇ。主観的には、意外とある種のインターナショナル的な形に仕上がっている傾向が多いんじゃないでしょうか。
「北斗の拳」しかり、「ヤッターマン」しかり、「サイボーグ009」しかり、登場人物の国籍とか民族とかがごちゃごちゃ状態になっているのって多いんじゃないでしょうか。
むしろ「宇宙戦艦ヤマト」のように作品の内容に比べて、きっちり登場人物が日本人で占められている方が珍しいような気がするのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 単なる物乞い願望で「ドラえもん」に耽溺するなよ | ホーム | 「集団」の中に韓国が含まれているのならば反対だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP