FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益の追求先が中国からタイへ変更されただけの事

互いに訪れない日中観光客、意地を張っても「漁夫の利」しか生まない―日本華字紙

2013年1月9日、華字紙・日本新華僑報は日本と中国からタイを訪れる観光客がかつてないほど急増していると日本メディアが報じたことを伝え、日中関係が悪化したことで両国の観光客が互いの国への渡航を避けていることが第三者であるはずのタイに「漁夫の利」を得させていると報じた。

タイ観光・スポーツ省によれば、2012年11月、観光ビザで入国した日本人の数は約124万人で前年比19%増、同じく中国人の数は250万人で過去最多となり、その後も観光客数は増加を続けている。尖閣問題をきっかけに日本と中国の関係が冷え込んだことが背景となっている。

両国とも海外へ観光に赴く意欲は高く、特に中国は経済成長に伴い海外旅行をする人が増えている。日本も不景気が続いているものの円高で海外へ旅行に行きやすくなっており、比較的高い年齢層と若い世代を中心に観光客が増えているにもかかわらず、中国を訪れる人だけが減っている。

マイナスとなっているのは観光分野だけではなく、双方の経済全体にとっても不利益が生じている。特に尖閣問題で強硬な姿勢を示す安倍晋三氏が政権の座に返り咲いたことで日中関係が好転する可能性が減り、人々の往来だけでなく経済・貿易分野でも多大なダメージが生じており、日中双方が意地を張って関係が冷え込むことで生まれるのは、他国の「漁夫の利」ばかりだと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)


なんか嫌な表現ですね。ゼロサム的にタイが得をする事が自分らにとって損だとでも言わんばかりじゃないですか。
中国よりもタイへ旅行をすると言う選択をした人間にしてみれば、中国への旅行はタイへ行く事に比べて相対的に見て損だと言う解釈をしているからに他ならない訳でして、タイへ行く事が旅行者自身得をしたと言う思いがあるからに他なりません。
結局の所が、行動を起こす人間にとって利益の追求の仕方が別の形によってなされると言うだけの事であって、もっぱら両国間の関係によってのみ追求されると言う事ではないのですよ。
大方、中国の方ではそうしたよその手段に乗り換える事が容易でない物だから、自分らが一方的にこうむった逸失利益を日本との共通の損失と言う事にすり替えて、自分らの方に日本を再び振り向けたいと言う思いがあるのでしょう。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


スポンサーサイト



<< 利益認識の乖離100 | ホーム | 直接自分の得にならない物だから非難の対象とする >>


コメント

「我が国と仲違いしていると損だよ」
「尖閣にこだわっていてもしょうがないでしょ?」

  たったそれだけ。作文ごくろうさまだよね・・・


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP