FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

イスラム水着は駄目よ

(*゚▽゚)ノ みなさんこんにちは。今日は意外と晴れて暑いですね。この有様では、高速道路上にいる人などはもっと暑い思いをしているのではないでしょうか。何しろ、今日は連休最終日。帰還のために大渋滞は間違いないからです。では、本題行きましょうか。

パリ郊外に住むイスラム教徒の女性が、体の線などを隠すようデザインされた同教徒用の女性水着「ブルギニ」を着て地元の公営プールで泳ごうとした所、断られた。プール側は「衛生上、着込んだ格好で泳ぐのはだめ」と説明しているが、女性は「イスラム教徒への差別だ」と反発している。仏メディアが12日に伝えた。
ブルギニはイスラム教徒の女性が顔まですっぽりと覆って着用する「ブルガ」とビキニを合わせた造語。パリジャン紙によると、頭髪を隠すベール、体を覆うコート、ズボンからなる。
女性は「イスラム教の教えに沿い、体を余りさらけ出さずに水泳を楽しめる」とブルギニの着用を決めたが、プールを管理する地元当局と「イスラム教とは無関係。ひざ上まである半ズボンの水着なども認められない」などとして拒否。女性は納得せず、市民団体の支援を受けて法的手段も辞さない構えだ。
政教分離を徹底するフランスでは、04年に公立学校でのイスラム教のスカーフ着用が禁止された。公共の場でのブルカなどの着用禁止を求める声も強まり、国会に調査委員会が発足したばかり。委員の間では、ブルギニを含むスポーツをめぐる問題を調査対象にすべきだとの声が出ているという。(引用ここまで。8月13日分)
まあ、こんな事では多文化共生などは無理ですな。ただでさえ元からいる連中からすれば、後から来たくせに現場に迎合する意志も能力も持たずに自身の既存の流儀だけで居つこうする連中なんぞを歓迎したいはずなどないじゃないですか。
だいたい、フランスに居つくイスラム教の連中といえば、祖国は砂漠蔓延状態で、ほとんど水浴びを道楽とできる環境にないんじゃないでしょうか。それを思えば、水浴びを道楽とできるフランスで暮らす事ができる事に感謝すべきであって、自身の宗教流儀のごり押しなどすべきではありません。
始めからフランスにイスラム教差別の発想があるのならば、これらの連中が居つける事自体がありえないはずであって、新たに居つく連中こそフランスに対して配慮すべきであります。
にもかかわらず、差別差別を強調する所なんかは、これらの連中に始めから居住地に対する配慮などを意識する気などない事は明かで、それを改める気がないのであれば、フランスから出て行くべきであります。
どうも洋の東西を通じて第三世界の連中にはそうしなくてはならないという意識を持たないままによそへ居つく傾向があるようで、いまだに彼らの祖国が往々として貧しいままでいるのは、そうした民度の低さに尽きると言えるでしょう。

後から居つく者こそ配慮すべし。クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< ファシズムの定義⑧ | ホーム | ファシズムの定義⑦ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP