FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本ではなぜ、大将が少ないのか②

(*゚▽゚)ノ みなさんおはようございます。昨晩より始まった「日本ではなぜ、大将が少ないのか」。今日もお送りいたします。昨日は終戦時の状態と言う所で終えましたが、これは終戦時もと言うべきでしょうか。どうも日本軍は普段からして大将僅少の傾向が見られます。それゆえに、今の自衛隊と大して変わらないのではないかと述べた次第でございます。終戦時の状態ですらこの有様だから、普段もまたしかりと言えるのです。
では、終戦時の陸海軍の状態がどうであったかを見ていきましょう。これを見ていくと、大将僅少であるばかりか、世界でも珍しい中将過多の軍隊ではないかと言う感想を持ちました。
まず陸軍ですが、終戦時、飛行師団のような特科師団を含めて190程度の師団がありました。そうした師団を指揮するための上級司令部として、軍が50(軍相当の集団を含む)。方面軍が17。総軍が6ありました。
終戦時ともなりますれば、一部の地域では壊滅して師団長や軍司令官が戦死したまま、欠員状態であるケースもありますが、存命している中でも少将の師団長は5名だけで、ほとんど中将で任命されていました。
軍司令官は全て中将。方面軍司令官は9人だけが大将で、総軍司令官だけが全て大将が任命されていました。ちなみに9人の方面軍司令官にしても、全て始めから大将で任命されていたとは限らず、また、彼らの前任者の中にも中将で司令官を務めた者もいて、少なくとも方面軍司令官は創設以来半数以上が中将だったとみなしても差し支えないでしょう。
これで見ていくと、終戦時の師団長以上の指揮官の内、大将は15人だけで、一方、中将は戦死や兼務を差し引いても200人を上回っている事が分かるでしょう。
しかも、中将の多さはこれだけにとどまりません。師団よりも規模の小さい旅団長や、方面軍・軍の参謀長に中将が任命されていたケースもあります。後者に到っては、司令官と参謀長が同じ階級の者と言う、外国の軍隊ではちょっとありえない事だと思います。
では、海軍の方はどうでしょうか。終戦時、海軍の実戦部隊は海軍総隊に収斂されていましたが、陸軍よりも極端で、大将は0と言う状態でした。何しろ、最高指揮官である、連合艦隊司令長官ですら中将なのです。
これ以下に到っては、全ての方面艦隊、艦隊、鎮守府、警備府の司令長官が全て中将で任命されていると言うのはまだしも、それらに属する戦隊司令官の内、約20人が中将でした。
これで行くと、どうやら日本軍では少将から中将に昇進するのは意外と簡単ですが、大将への昇進は至難の業としか言いようがありません。
では、長くなりましたので、次回に続きをお送りします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 




スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 日本ではなぜ、大将が少ないのか③ | ホーム | 日本ではなぜ、大将が少ないのか① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP