FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本ではなぜ、大将が少ないのか③

(*゜▽゜)ノ みなさんおはようございます。今日はしたたか雨が降っている状態です。今日も先月末に引き続き「日本ではなぜ、大将が少ないのか」をお送りします。
前回は、終戦時の状態から、陸海軍を通じて大将僅少、中将過多であった事を指摘しました。陸軍に的を絞って言うならば、どうやら師団長の急増に大将の確保が追い付いて来なかった事も指摘できます。バランスを考えるならば、これだけ中将が多くなれば、上級指揮官もそれに合わせて大将を増やすべきじゃないのかと思ってしまいます。
また、逆説的に言えば、大将を増やせないのならば、中将とてもそれほど多くできないのではないか。すなわち、師団の急増応分の中将の確保が追い付いて来ないと考えるのではないかと思うのです。
現に、外国では師団長を少将ないしは大佐で任命されると言ったケースが見受けます。
もし、日本でも師団長を少将で任命していたのならば、上級指揮官たる軍司令官が中将だとしても釣り合いが取れると言う物です。ちなみにアメリカでは、第二次世界大戦の頃、軍司令官は大抵、中将で任命されていました。そして、軍司令官の下には軍団長がいた事を考えれば、師団長が少将ないしは准将で任命されると言うのは妥当な所ではないでしょうか。
しかし、日本では軍司令官以上の上級指揮官のほとんどに大将を任命できなかったのにもかかわらず、師団長に中将を任命して中将過多の状態を創出してしまったのでしょうか。前回も指摘したように、日本軍の師団長は、一部の例外を除いて中将で任命されていました。次回は、その点の所を書きたいと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 戦争映画貢献度ランキング | ホーム | 日本ではなぜ、大将が少ないのか② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP