FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

またもや、厄介者の滞在許可下りる

みなさんおはようございます。わがブロクの下の方の広告欄に横浜市に存在する行政書士事務所が登場することがあるのですが、中を見てみると、不法滞在者が日本滞在できるようにする、要するに犯罪幇助をしている事務所なのです。
>私たちは、真剣に幸せをつかもうとされているご夫婦を全力で支援します。きちんと手続きをされれば、日本での滞在は許可されます。一緒にがんばりましょう。 
犯罪幇助の分際が、がんばってんじゃないよ! 日本ばかりが幸福の場とは限らないのですよ。犯罪と認定されない場所で一緒に暮らさせたらどうですか!(#゚Д゚)ドカーン!!

ここから本題です。
不法滞在で父親が検挙されたフィリピン人一家5人に対し、千葉法相が「在留特別許可」を出した事が6日、分かった。一家は、日本で生まれ育ち、小学校に通う2人の子供の「学ぶ権利」を訴えて許可を求めていた。7月に法務省か在特の指針を見直しており、今回の決定は新指針に基づいて出されたと見られる。
一家の代理人の村田敏弁護士によると、5日付けで在特の決定が出たのは神奈川県平塚市在住のフィリピン人一家。父親が昨年8月に不法滞在で検挙され、一家に強制退去命令が出されていた。
一家は日本語しかできない小学生の長女と長男が日本で学び続ける事を求め、強制退去命令を取り消しを求める行政訴訟を起こしていた。
新指針では、「学校に通い、10年以上日本で暮らす子がいる」などを滞在を認める要素として明記していた。(引用ここまで。11月8日分)

ちなみに、今日はのっけから「不法滞在」を「不法大罪」と誤変換してしまいましたが、前回紹介した「国籍崩壊悪」同様、的外れな誤変換ではありませんね。
ともあれ、法務省の見解では、よほどフィリピンには国民の権利とか人権と言う物は存在しないと決めてかかっているようですな。彼らは帰化しない以上、依然としてフィリピン人なのですから、権利かどうかはともかく、日本の流儀で教育を受ける意味があるのでしょうか。フィリピンで教育を受ける権利を追求した方が筋ではないのでしょうか。
また、彼らは犯罪者でしかないのに、その処分の取り消しを求める行政訴訟なんぞを起こしやがる。こんな物を受け付ける側もどうかしています。こんな物は門前払いが当然じゃないですか。
さらには、子供が「日本語しかできない」と言う主張も、虫が良すぎます。いつもながら、これまでさんざん、親に連れられて日本に来ながら日本語ができない大勢の子供を野放しにしておきながら、いつかせる時に限って「人道」を強調するな! 
こうした不法に居つく連中の祖国に対しては、わが国は少なからずODAかなんかで援助を送っているのです。援助を受けた国は、もっと自国民の生活向上に力を注ぐべし! いまだに貧しいからで、不法滞在を野放しにしているのは、彼らの能無し不道徳振りを吹聴する事になるのです。 

物乞い人権反対!クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 難民、移民問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 日本ではなぜ、大将が少ないのか⑥ | ホーム | となりの半島ではPartⅡ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP