FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

週間アジア第4号









安い!ただ!お得! 無料会員募集中!




週間アジアのネタがかなり滞留してきました。いまだ9月分のネタが残っております。ですが、今回は10月24日分から引用します。<(_ _)> 


=====================================


①名所の空気販売もとめる


北京市の企業家が「特定地区の特定空気」を販売する業務の認可を政府に求めて、裁判を起こした。北京五輪や天安門広場、尖閣諸島などの香りを売る計画を実現するため。


このままでは五輪の商機を逃しかねないとしているが、政府側は「産業分類のいずれにもなく、有害気体の販売管理も難しい」との主張を繰り返した。


この企業家はドイツで開かれたサッカーW杯で、ドイツ企業がサッカー場の芝の香りなど「W杯の空気」を袋に詰めて販売し、好評だったニュースから思いついたと言う。(引用ここまで)


まあ、政府の主張である「有害気体の販売管理も難しい」と言うのが正論でしょう。なんといっても、ドイツは環境大国ですから、かような商売が成り立ったのであって、中国のような環境汚染大国がまねをするなど不届きと言うべきであります。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


今月、OECDがはじめて実施した中国の環境評価では、中国は世界の主要な大気汚染源であり、近隣海域に対する水質汚染の影響も増加している、と指摘した。その上で、環境にかかわる法治を強化するため、地方政府の環境保護に対する認識の向上、環境保護総局の「環境省」への格上げなどを提言した。(10日夕刊より引用)


と言う有様ですからねぇ。空気なんぞを売り出したら、香りどころか、変なにおいをつかまされそうです。したがって、かようなアイデアはボツ! >>(゚o゚)/


=====================================


②上海ガニで警官出動


上海ガニの季節を迎え、上海っ子の間では有名な江蘇省の陽澄湖産を現地で味わうツアーが活況を呈している。ただ値段などをめぐって、レストランとのトラブルも起きている。


今月中旬、上海から観光バスで陽澄湖近くを訪れた団体客26人が、予約していたレストランでカニの大きさや値段に不満を持ち、食事を断って店を出た。団体客が隣の店でカニを食べた後、断られた店側は1000元(約15000円)の賠償を要求。拒否すると、店主や店員がバスを取り囲んで1時間以上も発車を遅らせ、警官が出動した。2年ほど前までは殴り合いもよく起きたという。(引用ここまで)


これだけではどちらに分があるかが分かりません。店側としては、レストランで出すカニの写真をパンフレットに出したのでしょうか。それとも、単なる羊頭狗肉? あるいは、欲深な客のエゴ? しかし、殴り合いも起こるとは、食事をするのにも命がけですな。ε=(´O`;)


=====================================


③ケシやめ花植え利益


アフガニスタンの農民が、麻薬原料のケシから花の栽培に切り替えることで大きな利益をあげている。


中部パルワン州のソフィ・ハキムラさんは、約1ヘクタールの畑で40種類の花を栽培。花束にして町の屋台で売っている。週に28000円の収入だ。「もうけは花のほうが断然いい。昔の5倍だよ」とほくほく顔。年収100万円を超える農家も多い。客も「花束は親族や友達に手渡す一番の手土産。ケシの栽培がなくなればうれしいね」と話す。


州政府もこうした動きを歓迎、他地域でも花への転換を強く促していくと言う。(引用ここまで)


ほほう、麻薬よか花のほうが金になるとは驚きですなあ。ともあれ、往々にして犯罪が絡むケシの栽培がなくなって行けばよいですねぇ。(*⌒ー⌒)



今回の「週間アジア」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 上海マナー改革多難 | ホーム | 大した事ない >>


コメント

>①
黄砂の香りとか、煙の臭いとかならおけ?

>②
なにやら最近は上海人のマナーがすこぶる低いらしい。
何ででしょうねぇ??

>③
確か、ケシは麻薬以外の何かに利用されてたと思うから、全くなくなるとたぶん困ると思う。
けど犯罪がらみの分はなくなってもおけ。

①はまじでネタかと思いました。

②北京オリンピック大丈夫ですかねえ・・。

>しかし、殴り合いも起こるとは、食事をするのにも命がけですな

大変だーよ。
無茶苦茶でスがな。
(_Д_)アウアウアー
しばらくでスね。
コメントする暇がないかもしれませんが。
ちゃんと読んでまスけん。
ごめんちょ。
(T_T)

中国の

①妙な空気など要りませんね。

②好きにしてくれ!
 でも日本では同じことはするな!

③確かに麻薬が減るのはよい事ですね。

訪問者の方々へ

>阿麗さん、ぴちょさん、かっぱやろうさん、刀舟さんへ
たびたびの訪問ありがとうございます。

ケシは阿片の原料であることは周知のこととは思いますが、医療用に用いられているモルヒネってのは阿片から取るんですね。
となると、ケシの栽培がまったくなくなる事は不可能とは思いますが、往々にして犯罪が絡むとなると、実際の栽培は、厳重な許可でも取るのかなぁと改めて思いました。

上海人のマナーの悪さはマナーの域を通り越しているようです。それに関するネタも新聞で読みました。後日、公開しますので、こうご期待。

ウチデクウアルヨ( `ハ´)=эC=(`ハ´ )チイサイノイヤアル
   アイヤー(`ハ´((C= =э))`ハ´)アイヤー

やっぱりおかしい・・・

空気を売るというのが
よくわかりません・・・

ハッキリ言って中国の空気を流したら、
綺麗な空気のところでも汚染されそうです(^^;)

勉強中の

>ハッキリ言って中国の空気を流したら、
綺麗な空気のところでも汚染されそうです(^^;)

なにぶんにも環境汚染大国ですから、空気お断り。海のごみも返かーん! です。

①について
>北京市の企業家が「特定地区の特定空気」を販売する業務の認可を政府に求めて、裁判を起こした。

こんなクダラナイことで裁判を起こすとは呆れますなぁ。
だいいち、空気はこの企業家の所有物なんですか?
日本では、子どもにもバカにされるような大バカ野郎ですなぁ。劣等民族の正体がわかる、いい例ですわ。

②について
またまた、大笑いしてしまいました。
まぁ、食い物の恨みは恐ろしい、と言いますが、ここまでくるとギャグです。

③について
>往々にして犯罪が絡むケシの栽培がなくなって行けばよいですねぇ

本当にそうですね。
拙僧は若いころ、シャブ中のバカを何人も見ましたが、シャブ中になると、人間ではなくなります。思い出しただけでも、鳥肌が立ちますわい。

おしょうさんへ

>こんなクダラナイことで裁判を起こすとは呆れますなぁ。
だいいち、空気はこの企業家の所有物なんですか?

これは思いつきませんでした。ただ、まずい空気はいりません。それでも売りたかったら、勝手にやったらどうでしょうか。いったいどれだけの人が欲しがるでしょうか? それとも死那塵はまずい空気慣れっこだから、そう言うことは頓着しないのかなぁ。((´∀`))ケラケラ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP