FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

近くが肝心とは限らないのだが

韓中を避け42カ国歴訪、安倍首相の「ドーナツ外交」
1年7カ月で6大陸をカバー
習近平氏と争うように外国を歴訪


メキシコ、ブラジルなど中南米5カ国を歴訪中の安倍晋三首相は25日、出国前の記者会見で「今回の訪問で、六つの大陸を全てカバーすることになる」と述べた。安倍首相は2012年の就任直後「地球儀を俯瞰(ふかん)するように世界全体を対象とした外交を展開したい」として、いわゆる「地球儀外交」を掲げた。安倍首相は実際に1カ月当たり1.15回出国し、全世界を駆け回っている。就任後1年7カ月間で42カ国を歴訪した。歴代の首相で最も優れた外交力を発揮した中曽根康弘元首相(5年間で28カ国)をも圧倒している。

 読売新聞など日本メディアは、安倍首相の外交について「中国包囲網外交」と呼んでいる。このところ安倍首相と中国の習近平国家主席は、争うかのように外国訪問を重ねている。今回安倍首相が訪問する中南米を、習近平主席は15-23日にすでに訪れた。習主席が中南米訪問で経済支援を約束したことを意識し、安倍首相も円借款供与の申し出や資源開発への投資など「プレゼント外交」を展開するもようだ。安倍首相の中南米訪問にはトヨタ自動車や三菱重工業など財界の要人およそ70人も同行している。また、習主席が3月末に欧州4カ国を訪問すると、安倍首相は4月末に欧州6カ国を訪問した。安倍首相が1月に訪問したアフリカは、習主席が昨年3月に既に訪問している。

 安倍首相は外国訪問で、積極的平和主義への支持を訴えている。最近の講演では「外国訪問と招待外交を通じ、200回以上の首脳会談を行った。私は会談で積極的平和主義について説明し、各首脳はみな強い支持を表明した」と述べた。集団的自衛権の行使容認を下支えする積極的平和主義は、日本の軍事的役割の拡大を意味する。安倍首相は6月にバチカンを訪れてフランシスコ・ローマ法王と面会した際にも、積極的平和主義の正当性を力説した。これについては「集団的自衛権が日本を戦争できる国に変える」という日本国内の反対世論を鎮めるためにローマ法王まで利用した、という批判も起きた。

 安倍首相は日本の伝統的な対米重視外交を脱し、独自の外交を展開している。このところ安倍首相が最も力を入れている相手はロシアだ。就任以来、安倍首相はロシアのウラジミール・プーチン大統領と5回も首脳会談を行った。ウクライナ情勢をめぐりロシアと米国の対立が激化している中でも、安倍首相はプーチン大統領の訪日を推進している。日本メディアは「安倍首相はオバマ大統領よりもプーチン大統領との方が個人的親交が深い」との見方を示している。安倍首相は、米国が対北朝鮮問題での協調から日本が離脱することに対して警告したにもかかわらず、日本人拉致被害者問題の解決を名目に、北朝鮮に対する独自の経済制裁を一部解除した。

 安倍首相は、世界中を訪問して外交的成果を挙げていると自賛しているが、すぐ隣の韓国、中国とは首脳会談ができていない。肝心の隣国を避けて外国を訪問しているため「ドーナツ外交」との批判も出ている。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



肝心? 隣国だから万事肝心とは限りませんよ。隣国が敵性国家ならば、遠交近攻による包囲網を外交上で設定する事はいにしえから行われている事です。
そもそも、そのように、日本が自分らと外交したがらないとはがりにいぶかっていますが、よしんば日本と外交した場合、真なる意味での妥協と言う物を考えているのでしょうか。
韓国は事あるごとに冷え切った対日関係の打開と言いますが、あいも変わらずの自分らの立場をわきまえることなく、もっぱら譲歩は日本がすべしと言う完全無条件降伏の発想で臨んでいるから、そんな国とどうして外交をすべきと言うのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 韓国嫌いの方こそ多数派なのだが | ホーム | その法律は始めから収公ありきで存在しているのか >>


コメント

日本を敵視いや獲物扱いする敵性国家にカードを配るのはいいことだ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP