FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よその国には集団的自衛権の宣言よりもやばい事があふれていると言うのに

集団的自衛権の影響 英語教育、パスポート用意する母親も

万全の備えが抑止力になる。安倍首相は、こう集団的自衛権を正当化する。でも、その言葉に説得力はない。母親たちの声なき声は、直感的に「危険」を察知している

 国の方向性が見えない中で、母親たちが子どもの将来を案じるのは、自然の流れだろう。千葉県に住む理系研究職の女性(44)は閣議決定後、「子どもたちには、自分の頭で考えて選ぶ力をつけさせたい」と、より強く思うようになったと話す。

 小学4年になる娘は1歳から英語教室に通わせた。自身の就職活動や働きながらの子育てを通して、この国で女であることの生きにくさを痛感してきたからだ。ただ、憲法改正に前のめりな安倍晋三首相の「妄想狂的なところ」に怖さを感じ、第2次安倍政権が発足した後、5歳の長男にも英語教育をほどこし始めた。いざというときの海外避難に備えて外貨預金をし、家族全員のパスポートも常備している。

 閣議決定後、夫婦の会話は娘の中学受験の話から、集団的自衛権に変わった。政治に関する本を読み始め、少子化や高齢化についても考えをめぐらせる。

「特定秘密保護法も集団的自衛権も、来るものが来たなという感じ。自分の家だけで海外に逃げていいのか。ほかのお母さんたちがどんな思いなのかを知りたい」

 元弁護士で2歳の娘がいる黒澤いつきさん(33)は昨年1月、30歳前後の弁護士仲間とともに「明日の自由を守る若手弁護士の会」を立ち上げ、共同代表を引き受けた。会員は現在、330人ほど。活発なメンバーは女性、とくに母親たちだ。今年6月には、法律用語を日常的に使う言葉に置き換えて解説した『超訳 特定秘密保護法』(岩波書店)を出版した。

 前回総選挙で自民党が圧勝した瞬間、頭をよぎったのは生後8カ月の娘の顔だった。会の目的は、思想やイデオロギーではなく、何が起きているのか簡単な言葉やイラストで伝え、考える材料を提供することだ。カフェやレストランで憲法について学ぶ「憲法カフェ」を催し、じわじわ人気が広がりつつある。超訳本の著者の一人でもあり、この活動を始めた弁護士の太田啓子さん(38)も2児の母。やはり子どもの存在が後押ししていると、太田さんは言う。

「子どもがいなかったらここまでやらなかったと思う。母親になると、子どもの年齢で考える『子ども暦』が自分の中にできて、初めて50年後の社会を想像するようになります。ママたちの行動は、こうした体感に根差しているのです」



゜(*゜´∀`゜)゜ノ彡☆ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

何たる馬鹿丸出しな発想でしょうか。その程度で日本を危険視呼ばわりする所なんかは、まるで世界が見えていないあほんだらだと自ら暴露しているとしか言いようがありませんな。
よその国のどこが戦争放棄を憲法で宣言しているのでしょうか。その段階からして、彼ら自身の「日本脱出」と言う発想がいかに愚かしいかと言う事を示しているのです。
よしんば集団的自衛権を行使しないとしても、その一方では単独での自衛権を強化している国もあるでしょうし、よその国といくさをしない国があったとしても、その代りに内戦があったり、そうでなくても治安劣悪な国ありと、我が国が集団的自衛権を宣言するよりもはるかに、やばい現実を抱えている国が少なくないのです。
わが国としては、そんな馬鹿には用はない訳でして、とっとと出国して、再度戻るべからず! 

シッシッ(#゜Д゜)ノ.;' ( >_<)ゲシュ

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 敵から見た反逆者の価値⑰ | ホーム | トンテク兵器での軍拡ならば脅威とはならない >>


コメント

もしも苦しいことがあれば、試してみてください。

この場を借りちゃいます。許してください。
若いときにつくった借金の返済が辛かったんです。
そんなとき、ある人を知ってしまったんです。
最初はやっぱり疑ってたんですけど、信じたら本当にお金をもらえました。
借金を一括で全額返済できます。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに教えます。

↑↑↑↑ あほなコメントが懲りずにやってきますな。もう手がまわっとるのに。
同じメルアドじゃん。

日本より安全な国や地域はそうそうないよ。それがわかってないバカ親は、どんどん行きなさい。出てけ出てけ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP