FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

要するに漢字学習の習慣をなくしてしまった事が大きいと言う事だ

【コラム】中・日の人名表記、表記法に問題あり

本紙は、自他共に認める大韓民国で最古かつ最大の新聞だ。「朝鮮日報」という漢字のタイトルを堂々と掲げているだけあって、ハングルと漢字を併用する新聞でもある。漢字の使用には、意味を明確に伝えると同時に、漢字を知らない世代に漢字を教えるという、一石二鳥の効果がある。

 しかし、一つ問題がある。中国と日本の人名・地名を現地の発音で書く外来語表記法を採用しているため、一般的には使用頻度の低い難しい漢字の名前が、ハングルの発音表記なしに、現地の発音のまま載るという点だ。例えば、中国の国家主席の名前をハングルで「シー・ジンピン」と書き、さらに漢字で「習近平」と書き加えている。「習近平」の後にハングルで「スプ・グンピョン(習近平の韓国語読み)」と併記すれば、誤解の余地もなく、漢字教育の効果もあるのだが…。現在のスタイルにこだわっていれば、韓国語で「習」を「シー」、「近」を「ジン」、「平」を「ピン」と読むのだと思ってしまう若者が出てくる恐れがある。韓国の新聞を中国人や日本人が読むわけもないのに、なぜこのような意味のない、誤った原則にこだわっているのか、理解できない。

 「シー・ジンピン」はまだいい。習近平国家主席の夫人、彭麗媛(ポン・リーユアン)氏はどうだろうか。韓国語で「ペン・リョウォン」と読める人がどれくらいいるだろうか。正しく読めなければ、インターネットで検索することもできないのだから、ハングルの併記はなおのこと重要だ。

 7月1日付の本紙1面冒頭記事に、中国語の発音「シー・ジンピン(習近平)」と、韓国語の「トンイル(統一)」「プッケク(北核)」が相次いで出てきた。難しい「スプ・グンピョン」にはハングルで振り仮名を付けず、一方で「トンイル」のような簡単な単語には漢字を併記していた。若い読者は、韓国語で「スプ」「グン」「ピョン」と読むべき漢字を「シー」「ジン」「ピン」と誤って読む危険性がある。さらに、人名としてひとまとまりになって出てくる場合はまだいいが、別々に1字ずつ出てきた場合は、誤って読む可能性が極めて大きくなる。この点では、2面の「日本の景気回復」という記事がより深刻だ。渋谷(韓国語読みはサプコク)、牛丼(同ウジョン)、吉野屋(同キルヤガ)、港(同ハン)、辻慎吾(同シプ・シンオ)、若田部昌澄(同ヤクチョンブ・チャンジン)など、韓国人になじみのある単語は一つもない。ハングルだけを読んで済ませる人が多くなれば、漢字を併記する理由はなくなる。

 結論を述べると、中国語・日本語を現地の発音通りに書かなければならないのなら、漢字の併記をやめるか、漢字を書かなければならないのなら、ハングルで振り仮名を付けて読者の理解を助け、漢字教育の効果も挙げればいいと思う。

趙南俊(チョ・ナムジュン)元『月刊朝鮮』理事
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


その点わが国の場合は、結構アバウトですなぁ。中国の人名地名の読み方は基本的には漢字表記である分には、日本語読みで済ましています。まあ例外的に南京、香港、上海の場合は、漢字で表記されていても、現地読みが定着しています。それだけに、それらの地名を却って日本語読みしても、何のことやらわからんと言う状態になる有様です。
「なんきょう」「かこう」「じょうかい」(^^;???
そうした違いは、普段から漢字と仮名とを併用している習慣のなせる業と言えましょう。それに引き換え韓国では、漢字学習の習慣をなくしてしまった事が大きいと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 韓国相手ならそれでも十分 | ホーム | 中立を保つ事の難しさ⑥ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP