FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離118

「利益認識の乖離」第118回目です。
皆さんは競馬を道楽と見なすのならば、それをどのように解釈するでしょうか。どうしても、往々にして競馬と言えば賭け事だと言う認識が強いがために、賭け事自体が道楽だと言う風に解釈してしまう人が多いでしょう。
主観的に言うのならば、自分に言わせれば賭け事とは単なる金儲けであって道楽と言うのには当たらないと言う事です。
単に賭け事を通じて金儲けをしたいのであれば、別段競馬でなくても、競艇でも競輪でも、とにかくそれによって自分自身が賭けた以上にお金が戻ってくると言う事を追求するのに他なりません。
本来の意味で競馬を道楽と見なすのであれば、別段賭ける必要はなく、野球のように特定の馬、あるいはジョッキーをひいきして、それらが勝利してくれる事を願って観戦すると言うのでもいい訳ですが、現実は賭け事である以上、特定の馬にこだわるのではなく、今回のレースではどの馬が1着になるのかを予想すると言う形式になってしまうのです。まあ、そう言う予想においても、別段賭ける必要はないのですけどね。
この辺に関しては会社における管理職にも言える事でして、管理職と言う地位その物に就く事が目的であるのならばともかく、単に給与を得るのであれば、必ずしもそればかりにこだわる必要なんかないでしょう。
今の自分の場合は既に頻繁なる超過勤務によっておなか一杯状態でして、その方面で無能であると言う事は別としても、格別追求するほどではありません。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 彼らに後生大事に文化財を大事にする習慣があれば | ホーム | 国内での「いくさ」に忙しい中国 >>


コメント

黒澤明は馬が大好きだったんですね。でも、競馬に熱狂したとは聞かない。(私が発見できなかっただけかも)
コースを走る馬は、お好みではなかったかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP