FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

我慢の必要説かぬ政治に不満

わたしはかつて6年間幼稚園園長を務めていた。そのとき園の幼児教育に三つの基本を設定した。①善悪を教える。②我慢を自覚させる。③恥を知る、である。この三つこそ人間が人間たるゆえんであると信じているからだ。
最近の政局報道を見ていると、善悪はともかくも、日本人は要求を満たすばかりで我慢がなくなったように思える。新幹線の敷設でもダムの工事でも基地問題でも、政治家はもっぱら人々の早急な欲望充足ばかりに汲々としているように見える。
この世の中で全員満足などと言う事は決して存在せず、一方では必ず我慢が必要となる。大局的にその不利益の説明をし、逆にそれが将来生きていく事を説得するのかも政治家の仕事ではないだろうか。恥も外聞もなく不満を言い立てるばかりではおかしい。
無作法な大人や少年の非行は、全て幼児期のしつけにかかっている。だからわたしは「幼児教育の結果は、必ず後からあなたのみに降りかかってくる」と親たちに言ってきた。同じように、昨今の政治状況は、数年後に必ずマイナスの現実となって降りかかってくるのではないかと心配している。(引用ここまで。12月16日分)
当ブログでは、頻繁に、日本に対していろいろ要求してくるくせには自分では何もしない外国人に対して批判的なことを主張していますが、別段外国人だから、そのように主張しているのではなく、そうした欲求ばかりで、応分の勤勉さを持たない不均衡な怠惰ぶりに対して批判しているのです。
当然、日本人でも同様な事を行えば批判の対象といたします。そんなに怠惰に暮らしたいのであれば、欲求のレベルの方を下げたらどうでしょうか。よそ様に対して要求しないで済む様な形で怠惰にふける分には、よそに対して迷惑にならない訳で、それならば構わないと思います。ぜひとも、そのような適度な怠惰を心がける事を勧めたいです。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



<< 国の印象を損ねる入管の対応 | ホーム | 職安に通訳・語学、支援拡大 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP