FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

共生、言葉だけの現状

ようやく日本政府が外国籍の子供の不就学対策に目を向けたのは前進だが、根本的な対応ではない。
子供の母国語が話せるだけでなく、教育の専門的知識を持ち、教科の指導ができる人を配置して欲しい。外国人学校への支援も足りないし、高校受験でも何らかの支援措置が必要です。
現状では「多文化共生」が言葉だけになっている。住民全てが同じ言語、国籍、文化と言う時代でないのだから、多様性を前提に学校も行政も対応すべきです。その中で、日本人の子供も豊かな考えが持てるようになるはずです。(引用ここまで。12月20日分。日系ブラジル人のリリアン・テルミ・ハタノ甲南女子大学准教授の話より)
この引用記事は、不況でブラジル人学校の閉鎖が相次いだ事に関する記事の中の一部を引用した物です。
要するに、ブラジルは元来自国で行うべき事を安易に日本に対して付回しを要求すると言う事じゃないでしょうか。そもそも、日系人の存在を生かして積極的に日本とのかかわりを欲してきたのですから、ブラジルのほうこそ、自国で日本語教育を行うべきではなかったでしょうか。
自国の過剰労働力を日本へ送り込もうと言う魂胆がある割には、全くそうした事をして来なかったからこそ、その付けが日本に回ってきたのではないでしょうか。全く以って迷惑な話です。
ハタノ准教授はまず以って、そうした自国のだらしなさを反省すべきです。何の準備もなく勝手に日本にやってきたくせに、ちゃっかり、一部の馬鹿どもが唱える「多文化共生」に便乗して、欲しい物の一方的享受に与るだけ根性で、日本人とグッドフレンドになれると本気で考えているのでしょうか。おめでたい限りです。
わが国からすれば、結局の所「多文化共生」とは、一方的に集られる側として都合よく利用される事でしかないと理解すべきであります。

多文化共生反対! クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 難民、移民問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 西川史子とお甲の共通点 | ホーム | 国の印象を損ねる入管の対応 >>


コメント

親しくなったら行きませんか(^_^)/~

飲み友探してまーす☆気軽に楽しく一緒に飲みに行きませんか?(*^_^*)そんなに強くはないけどね(*μ_μ) イイお店とか知ってたら案内してほしいです★時間は夜遅くでも空いてますよヽ(^o^)丿飲み友探しなんで二十歳以上の人限定ー(*・人・*) 年は23歳だよ!メールよろしくでーす! red-rose.ray@docomo.ne.jp

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP