FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

第二次世界大戦兵器没落列伝③

みなさんこんばんわ。今日は「第二次世界大戦兵器没落列伝」の3回目となります。はじまりはじまりー。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

第一次世界大戦が終わって、各国とも戦車の開発をじっくり行う余裕ができて、第二次世界大戦が始まる頃には、前大戦の不恰好な物にくらべて洗練された戦車が登場するようになって来ました。
当然、装甲板に関しても、薄いながらもまともな物が付くようになって、近距離から小銃で撃って貫通されるようになると言う事態からはかなり改善されてきた物の、まだまだ初期の戦車は防御力が低く、3.7センチ対戦車砲程度でも充分効果がありました。
ソ連軍ではスペイン内戦の折に人民戦線政府に対してT-26戦車を供給しましたが、これがフランコ軍に対して相当な脅威となりました。ただ、迎え撃つ側としては先に述べた3.7センチ対戦車砲で充分で、ノモンハン事変や冬戦争(第一次ソ・フィン戦争)でもしたたかにやられました。
一方のドイツ軍も、それほど重装甲の戦車が存在した訳ではなく、こちらの方もポーランド軍の3.7センチ対戦車砲によって大損害を受けました。
もっともポーランド軍の方もろくな戦車があった訳ではなく、ポーランドの完敗を食い止める事態には到りませんでした。
当然、ドイツ軍の対戦車砲も3.7センチが主流でしたが、これが翌年以降となりますとがらりと様相が変化していきます。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 歩み寄るべしはむしろ外国人の方だ | ホーム | 真なる差別主義者は誰だ >>


コメント

冷やかしなしでお願いします!

初めましていずみって言います☆1年半以上恋してません…(/∇≦\)元彼と付き合ってた時にあんまり会えなくて恋愛してた感じがなかった(; ̄  ̄)それから臆病になってたけど長いこと彼がいないからそろそろホンキで恋したいなーなんて思ってますo(^-^o)けっこう天然入ってるから大人で引っ張ってくれる人で年上の人と仲良くしたいです☆気になった人はメールしてね fly.me.so.high-@docomo.ne.jp

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP