FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国内の外国人学校よりも海外の日本人学校

みなさんおはようございます。今日は風が強いですね。この有様だと、不用意に外を歩いていると吹き飛ばされますよ。(lll゚Д゚)ヒィィィィ では本題行きましょう。例によってまずは引用文からご覧ください。

海外に赴任する会社員が連れていく子供の8割は小学生以下。そんな様子が、海外展開している企業で作る日本在外企業協会のアンケートで明らかになった。
調査は昨年4,5月に実施し、協会の会員企業116社の担当者が回答した。海外派遣者は1社当たり平均232人で、家族を連れて行っている社員は49パーセントだった。
調査によると、同行している子供は小学生が全体の41パーセントで最も多く、幼稚園児19パーセント、未就園児18パーセント、中学生14パーセント、高校生6パーセント、大学生2パーセント、という割合だった。
自由記述では日本人学校の教育レベルへの心配や、そもそも日本人学校が赴任地にない事への不安が目立った。国語教育の不足や進展の遅れを指摘する声も大きかった。
赴任先に日本人学校がない場合、その国の学校かインターナショナルスクールを選ばざるを得ないが、情報が乏しく、インターナショナルスクールは学費の面で「負担が大きい」との意見も。日本に帰った後の受け入れ体制を柔軟にしてほしいという声も多かった。
就学前の教育については、幼稚園や保育所を備えた日本人学校が少ない事や、母語を確立することの難しさを訴える声があった。(引用ここまで。3月14日分)

これこそ多くの国における外国人教育の実態と言えるのではないでしょうか。日本では「差別しないで」とか言って、外国人教育に手厚い支援を行いたがる輩がいるようですが、そもそもそう言う連中には公的教育の意味が分かっていないとしか言いようがないですね。
公的教育は国民育成を意図した物なればこそ、お上が推進して援助するのは当然であって、外国人に関しては、どこに住もうと基本的には、当該国政府が支援すると言うのが筋でしょう。くだんの外国人自身がそれぞれの国に帰属する以上、その国の規格で教育を提供できるのはその国の政府に他ならないのです。
ましてや、外国人にいつかれた国の側からすれば、外国人自身の都合によっていつかれる訳ですから、いつく側の努力で何とかせいと考えるのが自然でしょう。よって海外滞在する日本人のための学校に関しても、その国の公立学校よろしく現地政府の援助がないと言うのは別段驚くに当たらない訳ですが、日本国政府が援助を行っているという記述がないと言う事が不可解です。この件に関して、ウィキペディアでも政府が援助していると言う記述はありませんでした。
そもそも引用文からして学費が高いなんて不満の記述があるくらいですからね。日本人学校に対する財政上の援助は進出企業や現地日本人会からの寄付や、生徒の親から管理費や施設費の徴収で賄われているのが現状です。
しかし、これら日本人学校へ通う生徒の親はたいていの場合は、親が勤務する会社や外務省などの命令で行かされるのです。日本にいつく外国人のような自主的な出稼ぎとは違うのです。それならば、雇い主の方で手厚い手当を出すくらいの配慮があってしかるべきだと思うのですが、必ずしも充分とは言えず、それゆえに学費が高いと言う不満が生じるのも当然だと言えます。
しかも、彼らの滞在が雇い主の命令で成り立っているとし言う事は、海外滞在は一時的な物と割り切らざるを得ない訳で、それゆえに現地の公立学校よりは日本人学校か、それがなければインターナショナルスクールへ通うのであって、そうなってくると、日本への帰国後の再定着に備えなくてはいけないと考えるのは当然でしょう。
これらの人たちは海外にあろうとも日本国民の肩書を有している以上は、彼らこそ日本国で援助すべき対象である事は間違いありません。国内の外国人学校に関して当該国の政府が援助を行うのが筋と主張するわたしとしては、その一方で海外にある日本人学校こそ日本国で援助すべしとも主張します。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 第二次世界大戦兵器没落列伝⑥ | ホーム | 高校無償化問題その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


神奈川県 高校無償化

公立高校の無償化についてどう思いますか? 公立高校の無償化についてどう思いますか?私は公立高校の無償化には反対です。義務教育ではない高校を無償化する意味が分かりません。公立高校には大量の税金が投入されています。公立高校が私立高校に比べて学費が安いのは税


 BLOG TOP