FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

人名雑記⑤

「人名雑記」第5回目です。
日本でも欧米でも、名前の省略形と言えば、頭の方を活かして設定するケースが多いです。
奇しくも、日本でも英語でも「ケン」と言う省略形が存在しますが、頭が同じと言うだけで、別段同じ物が省略された訳ではない事は当然の事であります。
ただ、欧米の人名の場合、省略形が頭を活かす物ばかりと言う訳ではなく、逆に末尾の方を活かす形で設定されるケースも存在しています。
たとえば「ベス」がそれに当てはまります。何とも主観的な感覚で言うならば、響きの良い名前ではありませんが、これがれっきとした女名として存在しております。では、なんの省略形かと言えば「エリザベス」の事であります。
英語の省略形の場合、さらに「イー」を付け加えると言う形がご定番でして、「ベス」もそれによって「ベティ」とする事が出来ます。これならば、存じ寄りの人も多いと思います。
そして、英語名の中でも最も珍しいと感じられるのが、頭も末尾も切り取って、中央だけを活かした「ボブ」でしょう。
日本の場合ならば、姓においてならば、末尾の方を活かす省略形として、たとえば渡辺を「ナベ」と省略するやり方は存在していますが、さすがに中央だけを残すと言うやり方は存在していませんね。
改めて人名とは、結局の所が言語文化が反映してくる物でして、今回的を絞っている省略形に関しても、必然的にそうした物が反映していると言えましょう。その1つとしてどんな文字で表記するかと言う事も影響してくる訳でして、我が国の場合、漢字が使用されている事から、多くのケースとして、漢字の最初の一文字が頭として活かされると言うのがご定番であります。
上の方で取り上げた「ケン」にしても、漢字でならば、「健」「憲」「謙」など、「ケン」と発音する漢字を名前の最初に使用しているからこそ、そのような形で省略形が制定されているのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


スポンサーサイト



<< お山の大将社会の韓国 | ホーム | そのような詮索は経営責任の放棄である >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP