FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

来日した外国人の子供の意志はどうだ?

昨年、おととしと足掛け2年にわたって世間の話題?となったカルデロン問題が昨今再燃しております。昨年の時点では不法滞在の親が強制送還され、娘だけが「罪はない」として、日本残留を認められた事で決着が着いたはずなのですが、親子同居を主張する支持者を交えて、ノリコ・カルデロンが「両親とともに日本で暮らしたい」と主張しています。
支持者にしてみれば、子供の人権とかもっともらしい事を言う訳ですが、これも数多くある、これらの連中持ち前の矛盾をさらけ出している一例と言えましょう。なるほど、この件に関しては子供本人の主張と言う物がなされている訳ですが、別の条件に出くわしたならば、子供の権利なる物がちゃんと尊重されていると言えるのでしょうか。
ノリコは日本生まれですから、親のいんちきを別とすれば、フィリピンと言う物を知らず、日本を離れたくないと言う思いも全く理解できない訳ではありませんが、では、国籍法改悪に伴って日本国籍を認められた混血児や、出稼ぎで来日した親に連れられてやってきた子供たち、あるいは中国残留孤児二世の場合はいかがな物でしょうか。
彼らにとってはもともと日本はよその国なのですから、ノリコと反対に、日本なんかに行きたくない、生まれ国にとどまりたいと日本に対して否定的な考えを持つ者がいたとしても別段驚くには当たらないでしょう。
現実に、来日しても日本語が大してできないと言う子供が少なくない事を考えると、子供本人にしても、日本語学習に関して不熱心で、要するに来日に対して熱心だとは言えないケースが多いと思われます。
こうしたケースに対して、ボランティアで日本語教育を課そうと言う人もいたりする訳ですが、もともと本人にとって来日に対して不熱心であるのならば、そう言う事をしても、決してありがたががられないのではないのでしょうか。
要するに来日しても万事が良いとは限らないと言う事です。ましてやおのれの意志と無関係に来日した子供にとっては親の意志は迷惑になる事もあり得る事を考えるべきだと思います。


クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< ダブルリミテッドは親の大なる怠慢 | ホーム | 車を大事に使うと増税とは >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP