FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ばっくれなくてはならないほどの大それた事とでも思ったか

【コラム】韓国を「人権後進国」と批判する日本の極右へ

天皇の「韓国との血縁」発言、沈黙で一貫した日本のマスコミ
朝日新聞を「売国奴」と罵倒、安倍首相までもが露骨に批判
慰安婦への冒涜、人種差別デモ…日本は人権先進国といえるのか
東京特派員だったころの奇異な体験談だ。2001年12月、明仁天皇が日本記者団との会見で爆弾発言をした。まとめるとこんな風だ。
  「桓武天皇(737-806)の生母が百済の武寧王(462-523)の子孫であると『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている。宮 内庁楽部の楽師の中には、当時の(韓国からの)移住者の子孫で、代々楽師を務め、今も折々に(朝鮮半島から伝来した)雅楽を演奏している人がいる」
 日本の皇室のルーツが古代の韓半島(朝鮮半島)とつながっていることを告白した「親韓」発言だった。歴史学界では誰もが認める事実だが、天皇自ら韓国との血縁関係に言及したことは衝撃的だった。当然、1面トップで扱われるレベルのニュースだ。
  ところが、さらに驚いたのは翌日だった。翌日の日本の朝刊では、この発言が報じられていなかったのだ。唯一、朝日新聞が手短に報じただけで、ほかの日刊紙 やテレビ局は全く扱っていなかった。日本の皇室に韓国系の血が混じっている事実を、それほどまで隠したかったのだろうか。明白な事実を恣意(しい)的に握 りつぶすのも、日本が言う言論の自由なのか。国の目的のためなら時として報道さえしないという、その奇怪な「沈黙の談合」にぞっとしたことを、今でもよく 覚えている。
 韓国の検察が産経新聞の前ソウル支局長を在宅起訴したことをめぐり、日本が強く反発している。その気持ちは十 分に理解できる。私自身も、前ソウル支局長の起訴は得るものよりも失うものが多い悪手だったと思っている。だが、これにかこつけて新たな嫌韓論を生み出 し、広めようとする日本の極右勢力や一部の政界、マスコミの雰囲気には我慢ならない。韓国をまるで言論の自由を無視する「人権後進国」であるかのように言 い立て、われわれの自尊心を傷つけているのだ。
 先週の韓国外交部(省に相当)の定例会見では、産経新聞前ソウル支局長の問 題をめぐり日本の記者たちが強い調子で報道官に質問をぶつけた。苦境に立たされた記者仲間のため、当然の質問だったのだろう。その中で「大韓民国は人権国 家だといえるのか」という問題発言があった。この質問をしたのは産経新聞の編集委員だ。この記者は日本新聞協会の抗議の声明に言及し、韓国に言論の自由が あるのかと問いただした。報道官がこうした質問に不快感を示し、一時、険悪なムードにもなった。
 韓国の人権と言論の自由の 現状については、人によって評価が分かれるだろう。だが、いくら私たちが不十分だとしても、日本に手ほどきを受けるいわれはないと思う。日本は間違いなく 一流の先進国だが、言論の自由と人権の分野でもそうかと言われると首をかしげざるを得ないためだ。
朴正薫(パク・チョンフン)デジタル担当副局長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


江戸時代では、将軍家が同族であるのにもかかわらず、親藩に対して頻繁に縁組を進めると言う事がありました。
同族と言う事は、共に徳川家康の子孫だと言う事は分かりきっている訳ですが、代が下ればある者にとってはあいつは自分の子孫って訳じゃなしと言う風に考えてしまうのは自然な事でして、それだけに身内としてまとめようと近親者を嫁に出したり養子縁組をしたりと言う事が行われたのです。
ヨーロッパの君主に至っては、よその国の王家との縁組は日常茶飯でして、民族的な視点から言うならば、異民族のウェイトが高くなってしまう事は必然と言えましょう。
そもそも当時は身分社会でして、そうした身分によって血統の価値が決められていて、よしんば同じ民族に属してしても、そうした出身身分によって貴賎の違いが出ているのです。
ましてや韓国ではべらぼうな身分社会でして、彼ら自身からして同じ民族だからと言ってそれほど仲間意識があったとは思えません。
ましてや、たかが一回こっきりの縁組で、徳川将軍家のような頻繁な縁組とは似ても似つかぬありさまとなってはその影響はたかが知れているとしか言いようがありません。
韓国はあたかもそれを故意に隠ぺいしていたかのように主張しているようですが、我々からすれば、その程度の小さな事などことさら大げさに取り上げるまでもない事だとして、あまたの出来事の1つに過ぎない物だとして見なしているだけなのです。
そんな事を明るみにした所で、上記の通り、別段驚愕するほどの事ではないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 嘘吐き | ホーム | 中国の場合、「盗人にも三分の理」なのか >>


コメント

引用の韓国人記者は、報道の自由を国家権力が弾圧して、司法が見逃している現在の事実が、世界から批判を浴びている現実を認識できていないようです。


>> 「桓武天皇(737-806)の生母が百済の武寧王(462-523)の子孫であると『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている。

天皇陛下が、どんな経緯でこの発言をなさったのか疑問を感じますが、(何もなく、こんなご発言はされないと思います)、1000年前のことで、それも末裔の正統とは言えない血筋の話しですよね。
あまりにも時代も政治状況も価値観も隔絶しています。あいかわらずの韓国人記者の牽強付会に呆れるばかり。

韓国は、例によって不適切に振り上げたこぶしを下ろすのに、口実を設けることができないんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP