FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中立を保つ事の難しさ22

「中立を保つ事の難しさ」第22回目です。
さすがに徳川家康と言えども、豊臣政権の中でこそ大老と言う立場にある以上、建前上では豊臣政権の秩序のために動かざるを得ず、単独で勝手に動く事はできません。それでも、一旦、豊臣政権の秩序のためと言う大義名分を押し立てて動けば、少なくとも多くの大名にしてみれば中立と言う概念は成り立たずに、必然的にどちらかに付くかと言う選択を強いられることとなりました。
既に豊臣秀吉が天下を手中にした時点で天下総無事令を出すことで、中立と言う事はあり得ず、従属しない者は反逆者として征伐される事になっていたので、そうした論理が秀吉死後にも家康の天下取りの野望に利用されたのでした。
もっとも、中立なんぞ以ての他と言うのも所詮は建前であって、家康にとって得になる形での中立である分にはその限りとは言えませんでした。
常陸国を支配していた佐竹義宣は一旦は家康主導の上杉征伐に従属した物の、全般的に言ってどっちつかずの状態でして、関ヶ原へ転進した家康の背後を守って、上杉景勝の抑えとして結城秀康が宇都宮に残留しましたが、隙を見せれば景勝と一緒に宇都宮を攻めるのではと言う状況にあったと受け取られても異常ではありますまい。要するに、義宣は上杉景勝の抑えとして役に立ったとは言えないのです。
果たして、戦後義宣は秋田の方へ20万石の知行で追いやられたのでした。
一方、西軍総大将毛利輝元の一族として吉川広家が、関ヶ原に出撃した毛利秀元の先陣として前方に陣取った事で、毛利家全体の意向とは無関係に中立に徹する事が出来、このために秀元自身出撃する事が出来ずに、家康を利する事となりました。
この功績により、家康は毛利家を改易にした上で、その一部を広家に与えようとしましたが、広家自身は毛利家存続を望んでいたので、輝元の領地は4分の1程度にする事で家名自体は残る事となりました。
そして、小早川秀秋の裏切りこそがこの戦いの転機となった事は知られている事ですが、それはあらかじめ予定されていた事であったために、家康的には彼は実質的な東軍の一員であって、とっとと裏切りを行うべきだったのですが、秀秋自身はすぐにそれを行おうとせずに、今更ながらにどっちが有利かと言う詮索をしてしまい、一時的に中立状態に入りました。
寝返る事を約束しておきながら行動に出ない事は一種の裏切りであって、家康は催促とも威嚇とも取れる秀秋の陣地に対する射撃を以てようやく行動に出させる事が出来たのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 迷作と化したパノラマ写真 | ホーム | そもそもそれが出来るほどの能力があるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP