FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

強制退去は妥当

刑罰を受けた事を理由に強制退去命令を受け、罪を償った後も、いつ退去させられるか不安な日々を8年近く送る中国残留婦人2世の男性がいる、兄弟や子供ら親族は全員日本に住んでおり、男性は特別在留許可を求めている。
東京都三鷹市に住む中国籍のこの男性は残留婦人の母と中国人の父(故人)の間に生まれた。先に永住帰国した母に呼ばれて1988年に中国人の妻と子、妹弟家族らと帰国。ビル清掃の仕事に就き、しばらくして独立したが、バブル崩壊後に仕事が減り、収入が途絶えた。知人に誘われ、中国からの密航者の輸送にかかわった。
懲役4年、罰金150万円の判決を受けて服役。02年の仮釈放と同時に強制退去命令を受けた。取り消しを求めた裁判で敗訴。特別在留許可を求めて3回目の最新情願を申し立てている。入管施設に2度収容されたが、05年末からは仮放免されている。
仮放免中は働けないため、妻がスーパーで働いていた。しかし、妻は一昨年にトラックにはねられて、脳挫傷で半年以上入院。歩く事は出来るもののトイレがどこにあるかもわからなくなった。服を着る、体を洗うなどの身の回りの事はほとんどできず、精神障害一級ち認定された。母も認知症が進み、2人からは目を離せない。
同じ残留邦人2世でも、旧国籍法が父系主義を取っていた事から、父が日本人の場合は出生届だけで日本籍となり、同じ罪を犯しても強制退去の対象にならない。しかし、母が日本人の場合、日本国籍取得の申請・許可が必要で、この男性のように中国籍のままの人が少なくない。
男性は「帰されても仕事もないし、生きていけない。刑務所に入ってからは真面目に生きてきた。日本にいる事を見て認めてほしい。妻も母も世話をする人が必要だ」と訴える。
男性の弁護人の石井小夜子弁護士は「男性は犯罪を反省し、罪を償っている。特別在留許可を認めてほしい」と話す。法務省入国管理局総務課は「個別のケースについては話せない」としている。
NPO法人「中国帰国者の会」は4月、生活基盤が日本にあり、歴史的背景がある中国帰国者の家族を強制退去の対象にしないように求めるよう要望書を法務省に提出した。(引用ここまで。5月8日分)

まずもって残留孤児本人以外の場合は中国生まれなんですから「帰国」じゃないでしょう! 単なる移住じゃないか! いつもながらのマスコミの偏向ぶりを示す一例です。それにしても、この「元」犯罪者の「まじめ」が聞いてあきれる。我が国のお情けで日本にいつかせてもらっている割には、中国人の不法入国に加担するなどは実に恩知らずの振る舞いでしかありません。せいぜい我が国の秩序安寧に同心しなければならないはずなのに、こんな奴は我が国には必要ない。とっとと出ていけ! と言うのが掛け値なしのわたしの主張です。血も涙もない奴だと思う人もいるでしょうが、因果応報でしかありません。
それはさておき、改めて、ここに登場する弁護士も中国帰国者の会も糞ですな。口では日中友好を主張しながら、強制退去とは早い話が「元」犯罪者にとって生まれ国に帰るだけの事じゃないですか。そこまで否定的に主張する事はないじゃないですか。
日中友好を主張するのならば、向こうの国を良くしようと言う発想があっても良さそうな物です。向こうの国の福祉を向上させる事をやってもいいじゃないですか。そうした事を全くせずに、一方的に日本国に負担をさせるこうしたやり方には全く同意できません。ましてや、日中友好と言うきれいごとも全く信用できません!

残留孤児「帰国」支援反対! (# ゚Д゚)デテイケー!! 
クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 第二次世界大戦兵器没落列伝⑮ | ホーム | 姦酷は狂気なり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP