FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

苛政猛虎の中国

日本に来てわかったこと=「だから地震や放射能が怖くてもここに残り、去っても戻ってくるのだ」―中国ネット
2014年11月25日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「日本に来てわかったこと」と題する文章が掲載された。

【そのほかの写真】

文 章は「日本に来て初めて、アルバイトも尊敬されると知った。日本に来て初めて、病院にかかるのにコネや賄賂は必要ないと知った。日本に来て初めて、生活は 便利で社会は安全で努力さえすれば報われると知った。だから、地震や放射能が怖くても、こんなにたくさんの人がここに残り、去ってもまた戻ってくるのだろ う」というものだ。

これに対して、ネットユーザーは多数のコメントを残している。

「(日本は)どんなに居心地のいい場所だろう」
「行きたいな」

「私は日本に戻りたい。本当に」
「日本に来て初めて、スイカは切って売られるものだと知った」

「バカか。放射能にやられちまえ」
「私は日本にいてもそれほどいいと思わない。卒業したら早く帰国したい」

「中国にも日本にもそれぞれの良さがある」
「日本のサービス態度は韓国よりもいい!」

「日本に文句を言う割に、ずっと日本にとどまってるやついるよね(笑)」
「日本の環境は素晴らしいし、人もいい。認めるべきは認めないと。中国の憤青(※反日思想が顕著な若者)日本の右翼が一番用無し」(翻訳・編集/TK)



レコチャにおいてはあいも変わらずの、時折こうした日本ほめほめの記事が出てきます。こんな事を書いていれば、我々がやに下がって、中国に対する悪しき感情が和らぐとでも思っているのでしょうか。
ここでは、我が国には地震や放射能と言う恐ろしい物があるとけちを付けてはいる物の、要するに苛政猛虎なのですよ。却って自国のまずさと言う物を強調する結果となっているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 韓国の場合、始めから八百長と賭けありきでやったらどうか | ホーム | 難しい敵味方の定義⑬ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP