FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

前提条件が違う以上、その分析ではうまくいかないぞ

日本のノーベル賞受賞者はなぜ多い? 韓国研究機関が分析

「19対0」。日本と韓国の自然科学系のノーベル賞受賞者数だ。日本はどうしてこれほどノーベル賞受賞者が多いのだろうか。
 韓国シンクタンクの科学技術政策研究院(STEPI)は25日までにまとめた報告書で「日本の受賞者個々人の特性、日本の研究文化の特性、国の政策の特性にその理由を見つけることができる」と指摘した。
  報告書は、韓国も21世紀に入り、どの先進国よりも基礎研究を拡大しているため、基礎研究に対する投資不足が受賞できない原因ではないと説明した。日本の 受賞者を分析した結果、優秀な高校から優秀な国立大に進学した学業エリートたちで、国内で博士号を取得した人が大半を占めており、幼年期から幅広い分野の 本を読んでいたことが分かったと述べた。
 また、日本は「徒弟システム」により研究の持続性を確保しており、ノーベル賞受賞者を継続して輩出するため若手科学者の育成にも取り組んでいると説明した。
  報告書を作成したイ・ジョンチャン副研究委員は「30代の若くて優秀な研究者を後進の学者として養成するシステム、研究に集中できる研究環境が重要だ」と 述べた。また「思考力と創意性を養う読書教育、読書振興策こそが最も基本であり、持続的な創造経済の土台になる」と指摘した。
 さらに「ノーベル賞受賞という上辺のことにこだわるよりも、基本に忠実に、長期的に研究者を支援する一貫性のある政策を進めることが重要だ」と強調した。
ペク・ヨンミ記者
NEWSIS/朝鮮日報日本語版

あいも変わらずの韓国のくっだらねぇ詮索が存在しています。所詮ノーベル賞なんぞは良い研究が出来たと言う事がありきの物であって、別段それ自体を追求する事が目的で成り立っている物ではありません。
そこを行くと韓国ではいまだにこんな詮索がなされる事からも分かるように、ノーベル賞を得る事自体が目的化している訳でして、そうした間違った前提条件から日本をいくらウォッチングしても、自身がそれと同じ結果を追求できるかと言うと別問題なんですがねぇ。それが分からない連中にはいつまで経っても、ノーベル賞の獲得は不可能だし、始めからノーベル賞ありきでいる以上、真なる良い研究自体がないがしろにされるのみならず、何が良い研究なのかと言う事を理解しない、できないままになりっぱなしになる事は間違いありますまい。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 世界に向かって大絶叫・前 | ホーム | 彼らの道徳心は犬並みだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP