FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

負担過剰国対負担怠慢国群

今回は外国人研修生に関してもう一回取り上げてみます。前回取り上げてからほぼ一年たっています。
現実に、この制度によって、受け入れ企業が研修生を安価な労働力として利用できてしまった事はゆゆしき事態でして、結論を言えば、廃止するしかない訳です。
この件に関してわたしの見解は、そもそも受け入れる企業の側として研修生にいかなるメリットがあるのかと言うです。建前から言えば、新人教育と言う手間のかかる行為だけを行って、一人前になった者は帰国して、祖国で即戦力となる。早い話が研修生の祖国は、厄介事だけを日本に押し付け、おいしい所を取ってしまうと言う事になるのではないでしょうか。
研修生は別段、採用試験に合格して、見習い期間を終えたら、正社員としてその会社で勤め続けると言うのでないのですから、彼らに対して単なる教育指導だけに徹したのならば、見習い程度の給与すら払う事すら割に合わないのではないのでしょうか。
よって受け入れ企業としては始めから安価で済む労働力と言う前提で物を考えなくては割に合わないのも道理でして、もし、それを阻止して、研修生の人権を尊重しようとするのならば、受け入れ企業に対して教育費を提供しなくてはならないでしょう。
しかし、元来、こうした制度によって最も恩恵を受けるはずの研修生送り出し国家が無関心ではないでしょうか。帰国した研修生を自国の発展に活用する意図があるのならば、彼ら政府が率先して研修生のために投資を図るのが筋でしょう。
だが、どうやら送り出す側の国家からして研修生と言う建前を本気で考えている訳ではなく、単なる過剰人口の日本へのつけ回し程度に考えているとしか思えず、研修生当人も日本に行けば、より高い所得にありつけるくらいに考えていない訳です。だから、中には、仲介業者に大枚払って研修生になれるように「尽力」した研修生もいたようで、こうなってくると、なおの事日本で大きく稼ごうと躍起になるしかないじゃないですか。
この辺の構図は、フィリピンなどからの看護婦受け入れにも当てはまる訳でして、日本語学習だに自国の負担で行おうとしない所を見ると、真剣に看護婦を日本に送り込むと言うよりは、上記のとおり、過剰人口の日本へのつけ回しのためだけに行っているとしか思えません。

外国人労働者受け入れよりも自国民の雇用充実を図れ!
クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 労働問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 負担過剰国対負担怠慢国群2 | ホーム | ポータブル国会と外国人参政権 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP