FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お互い拒絶するしかあるまい

韓国「ステルス導入」でも日本に敵愾心の無謀…「竹島の紛争で不利になる」まるで敵国、日本でのメンテも拒否

 韓国でステルス戦闘機「F-35」の導入をめぐり、またも「反日」が顔をのぞかせている。レーダーに映らない「ステルス性能」を持つ戦闘機は、多 くの国にとって次期主力戦闘機の本命。日本と同じく、韓国も40機の導入を決めたが、同国の報道などを総合すると、日本への対抗意識から、財政的にも技術 的にもかなり無理を押しての計画のようだ。しかも極東の整備拠点が日本に置かれることに猛反発し、日本でのメンテナンスを拒否する有様。こうした状況か ら、「現実的には韓国でステルスは運用できない」との見方も広がっている。(岡田敏彦)
いまや必須のステルス性能
  ステルスF-35は米国の航空機メーカー、ロッキード・マーチンが中心となって開発。既に米国で配備されているステルス戦闘機「F-22ラプター」が敵の 戦闘機を排除する制空戦闘に特化しているのに対し、F-35は戦闘爆撃や海上の艦隊防空など多用途性が特徴だ。実験機は2000年に初飛行し、米空軍には 11年から納入が始まっている。
 通常のタイプ(A型)に加え、短距離離陸・垂直着陸型(B型)、空母搭載型(C型)の3タイプが開発されており、日本ではA型42機の導入を決めている。
 レーダーに映らない「ステルス戦闘機」はロシアや中国も開発を進めており、いまやステルス性能は次世代戦闘機の必須の条件ともいえる。しかし韓国の場合は導入以前の選定段階でけちが付いた。


ドイツでは戦前から合成石油の製造に着手して、輸入に頼らないで済ます、いわゆるアウタルキーの政策を取っていました。それは最終的にはいくさによって輸入が断たれた場合と言う事の命綱としての役目を果たす事になりましたが、戦前レベルでは、貿易による輸入超過状態を是正する所から始まっていた物でした。もっともそのために普通に輸入するよりも、自作する事で相当コスト高を強いられることにはなりましたけどね。
ともあれ韓国としては、札付きの反日でいるためには、万事日本に頼らないで済ますためには、そうした諸所の不便は、しのばなくてはならないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 難しい敵味方の定義⑯ | ホーム | 別段目新しい事でもあるまい >>


コメント

インフラ物資とその活用施設とノウハウを自前でそろえるのはコストがかかるが、安心安全には不可欠ですね。

まして、周囲を悪党国家ないし敵性国家に囲まれていれば、なおさら。
安心安全を買うコストは必要。その人材育成も、国家の一大事業。その人材は愛国心を持っていなければならない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP