FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国民皆兵スイス、銃に苦悩

永世中立国を標榜しているスイスは、平和で安全と言ったイメージが強いですが、 そうした中立は国民皆兵によって成り立っており、そのために、若い男性に銃を支給して、保管させる制度が存在しています。その結果、そうした銃によって犯罪や自殺が起こると言ったケースも往々にして存在するようです。


=====================================


アメリカに匹敵


銃所有率は、スイスが35.7パーセントで1位(00年)。アメリカの比率が89年の46パーセントから32パーセントへと下がったことから、アメリカを上回る結果となりました。銃を使った自殺率は、アメリカの57パーセントに対して、スイスは27パーセントですが、他の国の自殺率は20パーセント未満でした。


90年代前半まではノルウェーやカナダで銃による自殺率が3割近くありましたが、これらの国では、この後、銃規制が導入されて、自殺率は減少の一途をたどりました。研究グループは「銃の入手しやすさと自殺率の因果関係は明らかだ」と分析しています。


スイスでは、使用目的を申告するだけで審査なしで銃を購入でき、登録の必要もありません。加えて、18ないし32歳の男性のほとんどが予備兵役として自動小銃と銃弾を支給され、普段は自宅で保管しています。


国防省によると、自動小銃約40万丁、ピストル約13万丁が現在、予備役兵宅にて保管されているとの事です。これに自家用のも含めて100万から300万丁が社会に出回っていると言う統計もあるようです。


若者の自殺予防に取り組む、「ストップ自殺協会」はスイスでは15から24歳の若者の死因の第1位が自殺にあり、銃が身近にある状態をなくさなくては、自殺を減らせないと訴えています。


規制拒む声


アメリカでも、銃が犯罪に大々的に用いられているように、スイスでも銃を使った犯罪が頻発しています。01年に中部ツーク州の州議会で男が銃を乱射して14人が死亡した事件や、今年4月に世界的な元女子アルペンスキー選手のコリーヌ・レベレさんが夫に射殺された事件では、軍支給の自動小銃やピストルが使われました。


国連薬物犯罪事務所の統計などによると、スイスの銃による殺人事件発生率は、西欧諸国の中でフランスやポルトガルについで高い。スイス国立科学財団が西部4州で実施した調査では、殺人事件の6割が銃を使用、約半数で加害者は犯行後に銃で自殺しました。


悲惨な事件のたびに銃規制を求める声が高まるものの、「スイスは国民が日ごろから銃を持ち、ひとたび国に脅威が迫れば即座に武装して駆けつける仕組みで、独立と中立を守ってきた。これはスイスの伝統の一部だ」と言った声はなおおおく、規制強化は足踏みしています。


=====================================


一応、これは9月4日の朝刊からの抜粋で、例によって、田舎の新聞もはるかに及ばない遅れた内容ですが。(^ ^;) それはさておき、スイスの国民皆兵制度ってのは、なんか、長宗我部氏の一両具足を連想させます。あちらも、武器、よろいの類は自己所有で、いくさの時にはそれを着用して出陣と言うのですが、スイスの場合は、それよりもはるかに威力のある自動小銃ですからねぇ。


アメリカの場合は、絶対数では銃の個人所有世界一のダントツ振りを示していますが、こちらのほうは拳銃が主ですね。単なる護身のためならば、ふところに納めたり、腰に着用するだけで、重さもたいした事ない拳銃のほうが使い勝手が良い訳です。自動小銃となると、肩に下げて着用しなくてはならず、そのぶん重く、しかも目立ってしまいますからねえ。


そういうわけで、自動小銃の保有は軍からの支給に限られているようですが、まあ、それはさておき、国防だけでなく、治安のほうにも配慮してもいいんじゃないのでないでしょうか。どうして、自宅保管が必要なのでしょうか。どうもこの辺のところが分かりません。


ちなみに日本の警察官の場合は、署に出勤してから、拳銃を受け取り、そこから勤務する交番へ出向くと言った形が普通で、両さんみたいに、拳銃を寮にまで持ち込むと言うのはフィクションです。ましてや、両さんの場合、銃によるトラブルが多いので、要注意です! ( ^∀^)ゲラゲラ


スイスでも、こんな形で銃を保管したらと思うのです。


スイスは犬の件と言い、銃の件と言い、意外と怖い国です。 (((n;‘Д‘))η                クリックお願いします。  <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ : なんて事だ?? - ジャンル : 政治・経済

<< 週間アジア第6号 | ホーム | 変える >>


コメント

無いのが一番いいんですけどねぇ。
ただスイスの場合、これだと有事の場合にはゲリラやパルチザンと同じ扱いになりそうですが?

>スイスは犬の件と言い、銃の件と言い、意外と怖い国です。

ホントですね。はじめて知りました。
勉強になりました(礼)。

訪問者の方々へ

阿麗☆さん、おしょうさんへ
たびたびの訪問ありがとうございます。<(_ _)>

一応、戦時国際法では、民兵(不正規兵)と群民兵(敵が接近してきたときに武装した住民)も戦闘員として扱われて、ジュネーブ条約の対象になるようですから、スイスの場合は、この類になるのでは。
敵の側からすれば、敵の陣営で武装していれば、そいつは敵だ、と言うことは明らかですから。
とは言え、予備役兵が銃まで持たされた以上、制服は当然用意していることでしょう。

確かに

自動小銃を自宅で保管する必要はないような気がしますね。

>両さんの場合、銃によるトラブルが多いので、要注意です! ( ^∀^)ゲラゲラ

そうですね。
両さんはとっても注意しないといけなそうです(笑)

>スイスは犬の件と言い、銃の件と言い、意外と怖い国です。

こわいですね~

刀舟さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

最近では、個人情報漏洩阻止のために、会社の仕事を自宅に持ち帰らせないようにするところが増えてきました。ブロードバンド時代では、PCから情報を抜き取ると言うケースが多いからですね。
まあ、会社のものを自宅に持ち帰るといった段階で、私物化してしまう可能性というのもあるわけで、自宅保管の危険性というものが、そこにはらんでいる訳です。

まぁ世界一銃規制の厳しい日本に住んでたらやはりその辺は理解が難しいですよねぇ。徴兵制もないし。
戦後アメリカに守ってもらってる日本と、自分たちの国は自分たちで守ってる国じゃ「国防」に対する意識が相当違うでしょうね。

訪問者の方々へ②

・・・さん。名前書いてもらえませんか。(^0^;) まずは訪問ありがとうございます。

うーん、確かにそうした事情の違いがありますねぇ。民兵制による国民皆兵を取っている以上、銃を撤廃しろとまでは言えませんが、規制なしで凶悪犯罪野放し状態では、外敵の侵攻以前に国内の荒廃で自滅しかねないと言う所が心配ですね。<(_ _)>


スイスの銃による殺人事件発生率は、西欧諸国の中でフランスやポルトガルについで高い

これらの国には銃規制があるそうです。

また、自殺率の高さ自体は日本のほうがランキング中では七つも上にあるそうです。

銃を使った自殺率は、アメリカの57パーセントに対して、スイスは27パーセントですが、他の国の自殺率は20パーセント未満でした。

90年代前半まではノルウェーやカナダで銃による自殺率が3割近くありましたが、これらの国では、この後、銃規制が導入されて、自殺率は減少の一途をたどりました。研究グループは「銃の入手しやすさと自殺率の因果関係は明らかだ」と分析しています。

果たして、ノルウェー、カナダで下がったのは自殺率のほうなんでしょうか。
文脈からすると「銃による自殺のパーセンテージ」と言う感じですが、この場合重要なのは「自殺率自体」の話の筈です。

少なくとも、日本の自殺率を見れば、銃所持と自殺率の因果関係はそれほどはっきりしなくなると思いますが。

訪問者の方々へ③

1月18日ご訪問の方へ。名前無記入に付き、こう表現させいただきます。
貴重な意見ありがとうございました。<(_ _)>

なるほど、自殺のやり方にもいろいろありますからね。首吊りあり、投身あり、睡眠薬あり、練炭あり、さらにはニュースの特番で度たび放送される富士山の青木が原樹海へ入ってなんてものもあります。銃ばかりが自殺の手段ではないですね。
まあ、単純に銃があるからだけで考えると、軍隊あるからいくさ・・・と言う左翼的な発想へとつながってしまいます。

確かにまとめて保管するのが合理的な気もしますが、
「抑止力」としてはこの形態が一番効果的なのではないでしょうか。
国全体がゲリラの巣窟みたいなもんですからね。イラクの比ではありません。

なぜ自宅で保管するのかというと、役場で保管していた場合は、役場を敵に(内通者含む)押さえられたら使えなくなってしまうからだと想像します。近隣諸国に配慮して銃の配布を渋っているうちに襲撃されることも有り得ると可の国の国民は考えているのかもしれませんね。国民が力を持つのがデモクラシーですので、役場が国民の力を押さえてしまうのはおかしい、と考えているのかもしれませんね。いろいろ問題は有るかもしれませんが、私には国民が武力を持つというのは理想的に見えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP