FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離152

「利益認識の乖離」第152回目です。
1月6日放送された「知恵泉」では自動二輪の会社の社長がゲストとして招かれました。
世の中、最近ではブラック企業と言う言葉が定着してきた次第ですが、さすがにこの番組においては一般的にそのように認識されている会社からは招かれない物でして、今回の社長にしても、そう言う物が当てはまらない人物には他ならないのですが、さりとて万事が良い人物とも言えません。
とりわけ、番組中に、社員はこぞって成長したがっていると言う発言は全く賛同できる物ではありませんでした。
経営者の立場では自分がやろうとする事に関してはそれほど制約がなく、何かを思い立ったらそれを成し遂げようと欲する人間が少なくない事は自然な事でして、一概にそれを否定する事はできませんが、その一方で、その下に付く従業員はそれほど勤勉な人間でない事が少なくないと言うのもまた事実です。
つまり、主観的にはこの社長が言う、社員はこぞって成長したがっていると言う発言は所詮は、自分の会社を成長させたいと言う願望に帳尻を付けるための独りよがりな物でしかなく、社員からすれば、社長の独りよがりに一方的に付き合わされる迷惑な思い込みだと思います。
まあ、採用段階においてさように成長したがっている人間だけを選別したと言うのであれば話は別ですが、社会全体からすれば、そのような上昇志向の人間ばかりとは言えないでしょう。大抵の人間は一定の報酬を得るために、そのバーターで、一定の役務を果たすだけで済まそうと考えるのと思うのですよ。
件の社長は、番組中では一部の社員を例として取り上げた訳ですが、そのような内容だって全ての社員がやりたいと思っている訳でもないでしょうし、よしんばそうだとしても、全ての社員にそのような役割をあてがうには、その役割の需要が少なすぎるでしょうし、そもそもそうした役割がかなうからには、その陰で多くの社員が工場で自動二輪の製造に従事していると言う事も忘れてはなりません。
会社の規模が大きくなれば、そう言う事に従事する人間は多くなるでしょうし、しかもそう言う人間に対してますます社長が名指しで接すると言う事は困難じゃないですか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













スポンサーサイト



<< それが自然の成り行きと言う物だよ | ホーム | 寒さ我慢のプロの奮戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP