FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国の技術では日帝謹製の物は爆破でなくては解体は難しい?

「仁川開港場の周辺、日本式建物の文化財指定解除を」

仁川市中区(インチョンシ・チュング)の住民たちが代表的な地域観光地である開港場周辺 の日本式建物の文化財指定解除と撤去を要求してきた。これらの建物のために地域開発に少なからず制限を受けているとして署名活動も行っている。住民たちが 撤去を要求している建物は、仁川日本第一銀行支店と仁川日本五十八銀行仁川支店、仁川日本十八銀行支店など仁川市指定文化財の3カ所だ。日清租界地境界階 段も要求対象に含まれている。

住民たちは「日帝強制占領期間の残滓である日本式建物を文化財に指定するのは問題がある」として「さらに日本式建物が文化財に指定さ れて近隣住民たちは建築許可など各種の財産権行使に制限を受けている」と主張した。これらは近く「中区旧都心地域発展委員会」を結成して住民たちから署名 を集め、仁川市と市議会に提出する予定だ。

問題は住民たちが文化財の指定解除と撤去を要求する建物が仁川中区の代表的な観光地という点だ。これらの建物が位置する開港場通りは年間60万人余りの国内外の観光客が訪れる所だ。2010年には全国で4番目に文化地区と指定されることもした。

文化財保護法は市が指定した文化財周辺を歴史文化環境の保存地域に決めた後、開発を制限している。保存地域の規模は各地方自治体が決 めることになっている。こうした状況で仁川市が開港場の日本式建物の半径200メートルを保存地域として制限して住民たちからの嘆願が絶えない。中区庁も 住民たちの立場に同調している。中区関係者は「ソウル市は文化財半径50メートルだけを保存地域に指定している」として「たち後れた地域発展のためにも仁 川も保存地域を縮小する必要がある」と主張した。

これに対して仁川市は慎重な立場を堅持している。仁川市関係者は「痛恨の過去も歴史の一部であるだけに保存価値があるというのが市の 基本立場」としながら「ただし住民被害を最小化するために専門機関に依頼するなど多様な改善案を工夫しているところ」と話した。

先日は韓国製の危なっかしい建物に関して、まずはドイツの高射砲塔に関して書き始めました。そこでは戦後になって無用の物になったとは言え、余りに頑丈にできている物だからあえて排除する事をしなかったと言う風に締めくくった物ですが、韓国の場合は、普請自体がいい加減な物だから、同時に解体の能力も低く、日帝謹製の建物の解体も彼ら的には案外手間のかかる物だと言う事があり得るのではないでしょうか。
せいぜいの所が朝鮮総督府のように爆破しなければまともに解体できないと言う事でして、今回もそれに倣うにしても、周囲に対する悪影響からなかなか容易にそれが出来ないと言う事かも知れませんね。とまあ、無責任な記述ですが。韓国だけにあながち的外れとは思えないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



<< もっともお粗末なのはそうしたいんちきを隠ぺいしきれなかった事だろう | ホーム | ぐずぐずしないでとっととボイコットしろよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP