FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

もっともお粗末なのはそうしたいんちきを隠ぺいしきれなかった事だろう

【社説】五輪の英雄、朴泰桓を守れなかった粗末な選手管理

国際水泳連盟(FINA)ドーピング検査で陽性反応を見せたオリンピック(五輪)メダリス トの朴泰桓(パク・テファン)が、検察の捜査の結果、禁止薬物テストステロンの注射を打ったことが明らかになった。男性ホルモンのテストステロンは更年期 症状改善効果のほか、筋肉量と骨の密度を高め、筋骨格系の成長・強化に影響を与える。公正なスポーツの勝負を妨げるため、世界反ドーピング機関 (WADA)などはこれを禁止薬物に指定している。

ソウル中央地検刑事2部は、朴選手が昨年7月にソウルのある病院でこの注射を受け、ドーピング検査で摘発されたとみている。病院側は 「男性ホルモン数値を高めるために注射をし、テストステロンが禁止薬物であることを知らなかった」と述べたという。しかしテストステロンの作用・副作用、 禁止薬物かどうかは医師をはじめとする保健医療関係者に広く知られているという点で説得力が落ちる。朴泰桓の所属事務所は「注射の成分などを数回確認した し、病院側は問題ないと話した」というが、注射薬の成分はスマートフォンで検索してもすぐに分かるという点で理解しがたい。

韓国の代表的なスポーツスターであり五輪の英雄である朴泰桓をこのように粗末に管理したとすれば、病院も所属事務所も責任は免れな い。ドーピングとスポーツ医学の専門性と経験を兼ね備えた大韓体育会医務陣や国家代表主治医を置きながらも、あえて一般病院を訪れた点から釈然としない。 朴泰桓が今年2月のFINA公聴会でいくら過失だと釈明しても、慣例上、国際大会出場禁止処分を避けるのは難しい状況だ。情状参酌で懲戒期間を最小限に減 らすのが次善策だ。朴泰桓が来年8月のリオデジャネイロ五輪に出場できるようスポーツ外交を集中しなければいけない。

韓国スポーツ界は今回の事件をきっかけに、国家代表選手の管理に万全を期す必要がある。選手が薬物の誘惑に負けないよう取り締まるの はもちろん、過失で禁止薬物が投与されることがないよう徹底しなければいけない。スポーツ専門医を積極的に活用するのも一つの方法だ。何よりもドーピング は儀礼的な手続きでなく、公正な勝負の世界へ行く厳格な通過儀礼であることを認識しなければいけない。


下のコメントにもあるように、「英雄」としての実績はドーピングによる物でしかなく、そう言う物をあえて英雄呼ばわりする韓国のメンタリティ自体がいかれているとしか言いようがありません。
ここではあえてそうした「英雄」を守れなかったと言う事が嘆かれていますが、真に守れなかったとして嘆いているのは、そうしたいんちきを隠ぺいしきれなかった事ではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< 平時の視点から見た軍隊⑱ | ホーム | 韓国の技術では日帝謹製の物は爆破でなくては解体は難しい? >>


コメント

公正さや正義を守る意図はないらしいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP