FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ゴルフ離れと車離れとは両立しているのかも

低価格化でゴルフ離れに歯止め 健康意識高い高年層の人気増

松山英樹など世界に羽ばたくプロの活躍や、来年のリオデジャネイロ五輪から112年ぶりに実施競技に復活することもあり、関心が高まっているゴルフ。
 しかし、ゴルフを趣味にしている日本人のプレー人口は減少を続け、“ゴルフ離れ”が叫ばれて久しい。1990年代前半には約1500万人いた参加人口が、およそ20年で半減したとの数字もある。
「昔は取引先との接待ゴルフも頻繁にありましたが、お金がかかりますし休日にまで仕事関係の付き合いをする人が減ったので、ここ数年はさっぱり。1本2万円程度で買い揃えたゴルフクラブは玄関で埃まみれになっています」(50代会社員)
 総合マーケティング支援を行うネオマーケティングが興味深い調査をしている。
  過去に年1回以上コースを回っていた45歳以上の男性で、ここ5年以上ラウンドしなくなったと答えた400人にその理由を聞いたところ、1位は「プレー フィー(料金)が高い」(61.8%)。次いで「用具価格が高い」(48.3%)、「所得が減った」(39.0%)と、いずれも“懐事情”によるものだっ た。
 確かにゴルフをやるにはクラブやウエア、靴、ボールなどの用具に加え、ゴルフ場までの交通費やプレー料金もかかる。
「都心部から離れれば、平日で6000円程度、休日でも平均1万円前後でプレーでき、かつての相場に比べたらだいぶ低価格化が進んだ」(スポーツ紙記者)とはいえ、やはりゴルフはお金がかかるという固定イメージは根強い。
 だが、ネオマーケティングと共同調査をした武蔵野美術大学身体運動文化研究室の北徹朗准教授は、ゴルフ熱の再燃に期待を寄せている。
<「またゴルフをやりたいか」という質問では、全体の約3割が「まあやりたいと思う」または「やりたいと思う」と回答しました。離反者層のゴルフプレーへの最接近が市場に与えるインパクトは大変大きなものであると考えることができます>
『レジャー白書』を刊行する日本生産性本部の志村武範氏(経営開発部・余暇創研)も、こんなデータを示す。
「ゴルフの全参加人口の半数近くを男女とも60代、70代が占めていますが、2012年から2013年にかけて、男性50~70代、女性の60代と70代の参加率が上昇しています。これは時間やお金に余裕のある高年層のゴルフ人気を物語っています」
 今年は団塊世代が大量定年する「2015年問題」を迎え、ゴルフ人口のさらなる減少も懸念されているが、ビジネスマンの嗜みといったかつてのスタイルから、「余暇を充実させる健康法のひとつ」として再び普及する可能性は十分にある。
 もちろん、相変わらず「ゴルフはオヤジくさい」と思っている若者たちをいかにゴルフ場へ呼び込むかも市場拡大のカギを握っている。
「ゴルフ業界を支えるさまざまな業種や企業が協業し、男女ペアコンペ『ハイタッチゴルフコンペ』が全国で開催されたりもしていますが、オシャレにゴルフを楽しみたい20~30代ゴルファーをいかに増やせるかが課題です」(前出・志村氏)
 中尊寺ゆつこさん(故人)のOLゴルフ漫画『スイートスポット』が人気を呼び、ゴルフや競馬に熱中する“オヤジギャル”が急増したのがちょうど1990年代前半。老若男女がゴルフ場に集ったあの時代は再来するか。


自分にとっては、ゴルフと言えば唯一の関心事と言うに値するのはアニメーションの「プロゴルファー猿」だけでして、なんでもゴルフに結び付けてしまう荒唐無稽ぶりが結構卸ろかった物で、それだけに今dビデオで見られるとなればマイリストに登録しています。
それに引き換え、自らプレイすると言うのは興味ない事でして、ゴルフ場なんかよりは森林公園であってくれた方が良いと言うのが偽らざる本音であります。
昨今では、宅配業者任せでゴルフ場まで道具の配達と家までの持ち帰りと言う事が可能になっていますので、本人は身一つで行き来できるのですが、そうでなければ、乗用車抜きでは無理なんじゃないでしょうか。
思えば、東京外環道では、新高PAを利用したゴルフ族なんて言うやからもいるようでして、これなんかも自前の乗用車ありきでゴルフのプレイが成り立っていると言う傾向を示す1つのエピソードと言えるのではないでしょうか。
昨今では若者の自動車離れと言う事も指摘される状態でして、こうした事もゴルフ離れと関係ありのような気がします。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< 全くなんにもない | ホーム | なんでも日本と比較する事が後悔の始まり >>


コメント

ゴルフが健康にいい、というのは合点がいかない。家でじっとしているのに比べたら、という比較対象が隠されている。体の左右が非対称の運動は、少しいびつな感じが抜けません。

いぜん、大型バイクの背中にゴルフバッグをくくりつけ?走っていくのを見たことがあります。「なんか違う」と思いました。
大きな楽器ケースかなにかと見間違えたのだろうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP