FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

鶴見線開通80週年記念②

皆さんこんにちは。今日は昨日に引き続いて、「鶴見線開通80周年記念」をお送りします。
鶴見線の最初の下車駅となりました扇町は昨日述べたとおり、無人駅のひとつであります。通勤時間帯が過ぎた時間の下車でしたので、発車までしばらく時間がありました。列車本数が多ければ、小島新田のごとく、すぐに折り返し発車となってしまいますので、とても下車などできません。
発車の時まで、駅を出て、周辺をちょっとばかり散策して、駅に戻り、ホームを歩いて、電車に乗り込み発車です。鶴見駅発車の下りと違って、上りの場合は万事鶴見行きです。
そして、鶴見駅に戻ると、次のターゲットは海芝浦です。こちらのほうは、駅が東芝京浜事業所内にあると言う一風変わった駅です。まあ、鶴見線がほとんど近隣工場通勤者向けで成り立っている事を考えれば、その究極な形になっただけと言うべきなのでしょうか。
改札を抜けると、京浜事業所の入り口がさながら改札口のごとくなっており、よそ者は当然のこととして排除される仕組みとなっています。その代わり、海芝公園なるものがあって、よそ者はホームと公園を散策して折り返し電車に乗って去ると言うパターンとなります。
ホームで待っている電車を逃すと次の電車は2時間後と言うさすがに東芝専用駅だけの事はあります。発車して第三のターゲットとなりますのが、浅野駅です。ここは、本線と海芝浦支線との分岐点となっていて、海芝浦支線自体は駅の辺りでカーブしているので、ホームもカーブしていました。そのおかげで、本線よりの3番ホームの幅は広く、花壇があって、田舎の駅と言う体をなしていました。
もちろん、ものほんの田舎と言う訳ではなく、しばらく行けば産業道路とその上に首都高速と言う、交通路豊富な道路があって、人口多数の大都市の一部に戻っていきます。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

<< 戦陣訓と降伏忌避の理(ことわり)⑥ | ホーム | 鶴見線開通80周年記念① >>


コメント

天皇賞 秋 2010

第142回 天皇賞 秋 2010 今年の波乱を大予想!出走馬の厳選された情報だけを公開…気になるアノ馬の仕上がり具合とは?さらにオッズやデータを分析し、必勝買い目を導き出す!結果につなげるのはあなた次第!

モバゲー

モバゲーが遂に出会いをプロデュースする事になりました。今まで禁止していた事も全て解放で皆様の出会いをお手伝いさせて頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP