FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よその面ばかり進歩して、配送自体が進歩しようがないからな

ドライバー人手不足、2015年問題が現実に!

私の地元では佐川急便の流通網が破綻した。ちなみに私の住まいは無人島ではなく二子玉川。数年前にこの地へ引っ越してきて以来、荷物を届けてくれて いたドライバーさんが昨年末に引退。 どうやらその後、後任が見つからないようで、時間指定の配達・集荷システムが崩壊している。 時間指定でネット注文すると、そばのセンターに荷物があるのがネットで分かるのに、そこから何日も動かない。

第二次世界大戦におけるドイツ空軍の地上部隊の1つとして高射砲部隊がありましたが、その中でも目玉となるのが機甲師団に同道して、対戦車戦闘に従事する野戦高射砲連隊、あるいは大隊でして、それらは任務上から必然的に高い機動力が求められ、兵士にも若年の者を優先的に採用していました。
本来高射砲は国土防衛の役目があった訳ですが、いくさが進行して行くと、元々機動力が求められない役目と言う事もあって、それらの本土に配置された部隊に採用する兵士は高齢者が多くなり、それでも正規の空軍軍人であればましな方でして、工場労働者やヒトラーユーゲントなどのパートタイムでしのぐ度合いが高くなって行きました。
話は本題に入りまして、配送の場合も要するに高い機動力が求められる役目な訳だし、ましてや諸所のリミットにも対処しなくてはなりません。それでいながら、そうした役目は中の業務ほどに機械化の恩恵を受けにくいくせに、宅配の需要はネットの発展によって注文からかなりの部分が自動化されて行って急増となっては、その不都合が配送にのしかかっていると言っても過言ではないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< 他人にばかり期待して自分は実践しないと言う事ではないのか | ホーム | 利益認識の乖離163 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP