FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

はなから共通の物などないと言うのに

[オピニオン]日韓は「共通の価値観」を捨てるな

MARCH 19, 2015 09:00


私は先週、北京にいた。開会中だった全国人民代表者会議に合わせて対策がとられたせいか、大気汚染がさほどでなかったのは幸いだったが、困ったのは愛用し ているGmailが使えないことだった。中国当局による検閲や、中国国内からと思えるハッカー攻撃に悩まされたグーグルが、昨年、中国から撤退したため だ。日中韓の絆を重んじる私ではあるが、中国が日本や韓国とは違った統制社会であることを感じざるをえなかった。
安倍晋三首相はそんな中国をけん制するように、自由や民主主義といった「共通の価値観」による連帯を看板にしてきた。初めて首相になった直 後の2006年10月、韓国を訪れて「日韓両国は自由、民主主義、基本的人権、そして法の支配、市場経済という基本的な価値を共有する」と強調したのはそ の一環だった。
ところが、今年2月に行った国会演説は違った。同じ基本的価値観を共有する国々として「豪州、ASEAN諸国、インド、欧州諸国」を挙げたのに、韓国は「最も重要な隣国」と表現するにとどまったのだ。外務省のホームページでも同じ書き換えが行われた。
こんなことで韓国を怒らせるのは何とも大人気ないと思うが、これには大きなきっかけがあった。産経新聞ソウル支局長が名誉毀損罪で起訴され、いまだ出国すら認められないことだ。産経の報道に批判的な日本人まで、韓国はいつから強権国家に戻ってしまったのかと嘆いている。
そもそも日本から盗まれた仏像の返還要求を認めなかった判決のように、韓国の司法がとかく反日世論に迎合しているとの疑念はぬぐえない。し かも大統領は中国との親密さを見せる一方、日本との首脳会談を断り続けている。皮肉を込めて言うなら、安倍首相は中国包囲を意識した「共通の価値観」の仲 間に韓国を入れておくのは、もはや失礼だと思ったのかもしれない。
さて、公平に見れば、安倍首相も戦後70年を迎えて過去の軍国主義への厳しい総括という民主主義国としての「共通の価値観」を捨ててはなら ず、それなしに振る舞うなら世界の共感を得られまい。折しも日本を訪れたドイツのメルケル首相が「過去の総括は和解の前提になっている」と、欧州の経験を 安倍首相に語った。これを韓国が称える気持ちもよくわかる。
だが、さりとて韓国の振る舞いが立派かどうか。欧州での和解はドイツの謝罪とともに、フランスなどの「寛容」がセットとなって実現した。わ ざわざ米国議会に出かけて行って、5月に訪米する安倍首相に議会で演説をさせるなと訴える議員たちの姿は、米国人の目にも異様に映ったに違いない。
それやこれや、国交正常化50周年を3か月後に控えた日韓両政府は、まるでチキンレースを演じているかのようだ。見るに見かねた李洪九元首 相や金守漢元国会議長らが東京を訪れ、福田康夫元首相らと「長老会談」を開くことになった。ここは大局的な見地から、大人の知恵を発揮してもらうしかある まい。
最大の懸案は慰安婦問題だが、それに関して気がかりなことがある。日本でも発行された『帝国の慰安婦』の著者である朴裕河さんが、韓国で名 誉毀損の告発を受け、当局の調べを受けたことだ。すでに著者に不利な出版差し止めの仮処分決定が出たのは驚きだったが、そのうえ誤解や曲解による激しい誹 謗中傷が飛び交っているのは残念というしかない。
この本は、日韓双方にある極端な主張が問題解決を難しくしてきたと指摘して、思い切った打開を求めた意欲作だ。日本で評価が高いのは決して右翼が喜んだからではなく、解決を望む良識層の心をつかんだからにほかならない。
固定観念に挑戦する内容だから異論があるのは当然として、それは言論の場で論議すればよいではないか。万一、公権力が彼女を起訴することに なれば、問題解決に向けて決してプラスにならないばかりか、いよいよ韓国は「言論を封圧する国」という烙印を先進諸国から押されてしまう。それで喜ぶのは 誰だろう。韓国も自ら共通の価値観を捨てないよう、切に望みたい。
(若宮啓文 日本国際交流センター・シニアフェロー、前朝日新聞主筆)


こんな事を書くから、若宮氏は俗に馬鹿宮などと陰口を叩かれるのですな。
ここで見る分では、中国は日本とは異質な国になり下がっていると認めているようですが、韓国に対してはなお日本と条件が等しい国だと言う考えには凝り固まっているようです。
何しろタイトルからして「共通の価値観を捨てるな」ですからな。しかしどうして韓国なんぞと共通の価値観を有していると言えましょうか。むしろああ言う国は中国との方が価値観が近似していると言うべきなんじゃないですかな。
さらには韓国に対してもはかない期待をしているのでしょうか。最後の言葉はまさにそのようです。しかし、韓国の日常からすれば、そう言う物を期待するのは、韓国自身にとっても苦労が多くて、とってもやってられないと言う気になると思うのですよ。
日本並みの事を追求する事が容易でないからこそ、いまだに韓国は日本との軋轢が生じて来ていると言えるのですよ。それに引き換え、中国との関係は日本ほどに軋轢があるとは言えないじゃないですか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 日本の援助をうまく活用できなかった阿呆どもなんぞ知った事か | ホーム | 他人にばかり期待して自分は実践しないと言う事ではないのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP