FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

他人の勤勉にただ乗りするだけの怠け者になっていないか

<布帳馬車>「おもてなし」とレイシズム 2015-03-18

 最近、書店に立ち寄ることが少なくなった。嫌韓本があふれるグロテスクな図を見たくないからだ。不振にあえぐ出版業界の内情は理解しつつも、韓国や中国を叩けば売れる、今のうちに荒稼ぎをしようという魂胆は度を越えている。
  文化の象徴だった書店街も、他民族排斥を叫ぶ拠点になりさがったようだ。いつまで「マスゴミ」と呼ばれる一部の報道と一蓮托生の劣化を続けるのだろうか。 背景の一つには、近隣諸国との外交が軌道に乗らない政治状況があるのだろう。「JAPANESE ONLY」という横断幕をサッカー競技場に掲げて、物議 をかもしたことも、閉塞感の裏返しである。
 しかし今、排外的な空気に思考が停止され、全体主義的な傾向に踊らされていないか、考えてみるべきだ。「国技」とされる大相撲の3人の横綱はモンゴル出身者である。芸能界も日本人だけでは成り立たないくらい在日外国人が一線で活躍している。
 そういう時代に嫌韓本やヘイトスピーチというレイシズムがまかり通るのは、民主主義社会として健全とは言えない。「恥の文化」と言われたこの国の美徳は、一体どこに行ったのか。
 国際社会で名誉ある地位を占めたいと憲法前文でも謳っているのであれば、平和のうちに共存する協調主義に徹するべきだろう。
 声高の指導層の振る舞いを見るたびに、「強くなくては生きていけない」が、「優しくなくては生きる資格がない」という探偵小説のセリフが浮かぶ。彼らが襟を正せば、もともと善良な国民は、他者への「おもてなし」がもっとできるはずである。
(C)
(2015.3.18 民団新聞)


既に「利益認識の乖離」においてのびたとしずかとのやりとりに関して取り上げた物です。そこではのびたが自身の怠惰を棚上げしたまんま、しずかに対しては自分にとって好ましい形で「いい奴」であって欲しいと言う虫の良い発想を持っていると指摘しました。
韓国の発想も、こんな類いなんじゃないでしょうか。よしんば彼らが日本を「いい奴」だと見なすのは自身の怠惰を棚上げしながら、自分らだけは一方的に日本が提供する善業の恩恵にあずかりたいと言う事であって、のびた以上に見下げた果てたやからと言う事ではないでしょうか。
また「利益認識の乖離」ではジャイアンの事も取り上げました。ジャイアンの場合は、自身の悪行で周囲がはた迷惑な状態にある事などお構いなしに自分自身は「いい奴」だと見られたいと言う願望だけは強いようでして、韓国の場合は、こうした事が当たっていると言えるのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< そんな物は韓国にでも建てればいいのだ | ホーム | 等しくよそにも求めなくては駄目だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP