FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日帝を罵るほどに、日帝の保護で成り立った物が多いと言う事だ

韓国初の女性病院「保救女館」復元へ

梨花(イファ)女子大医科大学をソウル江西区(カンソグ)の麻谷(マゴク)キャンパスに移転する計画が今月18日、ソウル市都市計画委員会を通過した。麻谷キャンパスには韓国初の女性専門病院「保救女館(ポグヨグァン、女性を保護して救うという意味)」が復元される。

ソウル市は19日、「都市計画委員会で梨花女子大学麻谷キャンパスの細部施設造成計画案が通過した」と明らかにした。この計画案によ ると、麻谷キャンパスは2018年までに9917平方メートル(約3000坪)規模で造成される。ここには梨花女子大第2付属病院と医科大学が入り、保救 女館も復元される。

保救女館は1887年ウィリアム・スクラントン(Scranton,W.B)牧師の提案で統一メソジスト教会の女医師メタ・ハワード (Meta Haward)氏がソウル貞洞(チョンドン)に建立した病院だ。高宗(コジョン)皇帝が病院の名前を自ら付けて下賜した。現梨花女子大付属病 院の前身で、韓国初の女医であるパク・エステル(1879~1920)もこの病院の出身だ。保救女館は1912年ソウル東大門(トンデムン)につくられた 梨花女子大付属病院としてその機能が移転されながら撤去された。

1000病床規模の梨花女子大第2付属病院は国内としては初めてすべての病室が1人部屋で構成されている。現在ソウル陽川区(ヤンチョング)にある梨大木洞(モクドン)病院(700病床規模)は女性専門病院として活用されることになった。

ソウル市は麻谷キャンパスの移転でソウル西南圏MICE(企業会議およびインセンティブ観光・コンベンション・展示産業)産業の推進 に弾みがつくと期待している。ソウル市施設計画課のハン・ユソク課長は「今回の都市計画の通過で麻谷地区の長期的発展の準備ができることになった」と話し た。



韓国の歴史の特徴の一つとして、結構、日帝時代の間にいろんな物が弾圧されて解体されたとか廃止に追い込まれたと言う主張が多い物ですが、そうならずに存在し続けた物に関しても取り上げる割には、それがあたかも自力で維持できたとでも思っているのでしょうか。韓国の主張に基づけばそうした物だって容易に廃止に持ちこめたのではないでしょうか。あえてそうならなかったとしたら、日帝によってその存在が認められていたと言う事が少なくとも最低限考えられるはずでして、もっぱら韓国人の努力のたまものだと見なしていたとしたらおめでたいと言うのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 誰も出すなかれ | ホーム | ちょんぼの実入りが大きいからな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP