FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

税金を払っているからで良いのか

外国人との共生を叫ぶやからの主張する口実の中には、日本で暮らして税金を払っているからで、いろんな事を余計な事までわが国が負担すべしと言う事です。
納税はあくまで行政サービス提供のための費用でしかなく、外国人がそれぞれ所有する国籍に応じた欲求にまで迎合する必要はありますまい。わが国はあくまでわが国の流儀で行政サービスを提供すべきであって、外国人のスペシャルオーダーに応じる必要はありません。
そうしない事を差別だと言うのであれば、その種のスペシャルオーダーに対して余計な負担がかかると言う事に関して無責任じゃないでしょうか。それくらいならば、外国人どもには特別に高い税金を課してやるのが筋ではないでしょうか。何しろ連中のスペシャルオーダーが存在した所で我々日本国民にとっては何の得にもならないのに、連中の満足のために負担の付き合いをさせられる筋合いなどないじゃないですか。
そもそも、税金を払っているのだからと言うのであれば、連中は祖国に鎮座したまま、そこで税金を払っていれば同じじゃないのですか。祖国に鎮座した状態ならば、彼らの要求はスタンダードな代物であって、スペシャルオーダーとはなり得ないのですよ。わざわざよその国に出向いてスペシャルオーダーをする必要なんかないじゃないですか。
要するに、彼らの国ではスタンダードな要求だに通らないからこそ、よその国にやって来るわけですが、それでいて、等しく税金を払っているからで解決しても良いのでしょうか。
そうした事を野放しにする事は、彼ら諸外国の国は税金の払いがいのない国として見捨てられ、ますます発展から取り残されるだけでしかありません。そして、わが国は限られた国土の中で余計者まで抱え込んだ状態で疲弊していくのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 国際経済 - ジャンル : 政治・経済

<< 鶴見線開通80周年記念⑥ | ホーム | 鶴見線開通80周年記念⑤ >>


コメント

神待ち

神待ち少女を助けられるのは貴方しかいません。是非近所でうろうろしている少女を助けてあげてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP