FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離164

「利益認識の乖離」第164回目です。
俗に言われるブラック企業では、社員に対する厳しい仕打ちがご定番でして、滅多な場合社員は何かしらの形で能なし扱いされて、それを口実に給与を低く抑えられるなどのあり様となっているようです。
それにたいして「知恵泉」に出て来た自動二輪の社長は、少なくとも表面上は社員をいい奴として褒めているようでして、ブラック企業と言うには程遠いあり様のように見受けます。
さて、話は前回も取り上げたのびたとしずかの話へと飛びます。のびたはのびたなりにしずかを「いい奴」だと見なしている事は異論の余地はないでしょう。だからこそ、一緒に宿題をやろうと誘いをかけた訳ですが、その本意はしずかに見透かされてしまっていました。
のびたにしてみれば、自分がしずかを「いい奴」だと見なしたのだから、しずかの方でも同様に自分の事を「いい奴」だと見なして欲しいと思っていたに違いありません。
しかし、そこではしずかは、のびたの怠惰を批判して、のびたの誘いを断ったのでして、はたから見れば、のびたは楽して良い結果を追求しようとするずるい奴だと言う事でして、のびたから見ても、しずかが、のびたが望んだほど自分の事を「いい奴」とは見てくれていないと察したのでした。
要するにのびたは自分の怠惰を棚上げしたまま、しずかからは「いい奴」だと見なされたいと言う虫の良い発想は持っていただろうと言えるのです。
自動二輪の社長にしても、自分なりに社員に対して「いい奴」でいようと思っているようでして、それだけに社員たちを、こぞって成長したがっている「いい奴」だと決めてかかった訳ですが、所詮それは自分の願望でしかなく、本当に社員がそのように思っているのかと言う点で怪しい物です。
願望である以上、社員に対してこうあって欲しいと言う風にまず考えるのが普通であって、そのためにはまず自分の方でどうすべきかと言う事が思い付いてしかるべきであるはずなのですが、番組中ではそうした説明がなく、出し抜けに社員がこぞって成長したがっていると言うのですから、それではのびたと大して変わらないのでして、自分の怠惰を棚上げした上で一方的に他人を「いい奴」と見なすのは虫が良すぎるのですよ。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ









スポンサーサイト



<< 依然として我が国は韓国に対して甘い訳だが | ホーム | よそのスポンサーにただ乗りするだけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP