FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国の堕落、無進歩は5000年どころの問題じゃないようだ

【コラム】韓国経済の足を引っ張る石器時代の道徳律(1)

文在寅(ムン・ジェイン)新政治民主連合代表が最近、「無償給食全面中断の不当性を知らせる契機にする」とし、選別福祉を主張する洪準杓(ホン・ジュ ンピョ)慶南知事と談判した。2人の政治家の間でいろいろな話が交わされた。文代表は「もう少し努力すれば制服まで提供できる」「子どもにご飯を少し食べ させようと」という言葉で無償給食論理を展開した。文代表のこうした言葉が視線を引いた理由がある。こういう言葉は「無償シリーズ」ポピュリズムはもちろ ん、分け合い、参与、愛、共同責任など我々の感性に触れる道徳律に基づいているからだ。

ところがこうした感性的な道徳律の根は、現生人類であるホモサピエンスの心理と本能が形成された石器時代の産物という人類学の説明に 耳を傾ける必要がある。この時代の環境は2つの特徴がある。まず、原始人の社会的関係は血縁・部族などを中心にした30-150人ほどの非常に小さな集団 に限定された。お互い顔を合わせながら指導者の温情主義的な命令に基づき狩猟採取生活をした。そのような生活は当時の環境によく適応したものだった。2つ 目は、成長のない経済だった。それで原始人は仲間同士が分け合って食べながら愛情と連帯で一つになった。「目的が支配する」社会だった。私的な領域は馴染 まないものだった。

分け合い、参与、共同責任、連帯感など感性的な道徳律は、石器時代の原始人が直面していた貧しく不足した生活と環境に適応した本能的 な要素だった。したがって文代表の言葉とその言葉が前提とする暗黙的価値を自由主義の巨星フリードリッヒ・ハイエクは「原始的精神態度」とし、進化心理学 の開拓者レダ・コスミデスは「石器時代の精神」と呼んだ。そのような本能的な価値は非常に貴重だ。それは「生物学的進化」を経て現代人の遺伝子の中にも 深々と入り込んでいるが、家族、親戚、宗教・親睦・奉仕団体など顔をよく知る人同士が親しく交わる対面社会の貴重な基礎となるからだ。

※本記事の著作権は「韓国経済新聞社」にあります。


彼らが往々にして自国の歴史は5000年などと主張する訳ですが、見え透いたいんちきですな。まあ、それだけ長い歴史を有していても、決して誇れる物と言うに程遠い訳でして、それだけに自分も、嫌韓替え歌では、そうした彼らの主張に倣って5000年を盛んに使用しています。
しかし、ここで見る分には、彼らの堕落、無進歩は別段5000年に限った事ではなく、はるかにそれを上回った物だと言う事なのですな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


スポンサーサイト



<< たかが9機にびびってどうする | ホーム | 韓国自身のオウンゴールとしか言いようがない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP