FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中立を保つ事の難しさ35

「中立を保つ事の難しさ」第35回目です。
「妖怪ウォッチ」の再放送において、ツチノコパンダが登場する話を見ました。
そこでは、女子(と言っても3人しか登場していませんが)がパンダの人気ぶりに注目し、そちらの方をひいきする一方で、男子(こちらも2人しか登場していません)の側がひいきするツチノコと張り合う形となっていました。
そのはざまに立ってケータは双方から、どちらをひいきするかと言う事で詰め寄られる訳ですが、ケータ自身にしてみれば、その時は別段どちらに対しても格別思い入れがある訳ではなく、どちらでも良かったのですが、他の5人はそうした曖昧な事を認める気がなく、どちらかに旗幟を鮮明にせよと言う意識で詰め寄っていました。
そうなって来ると、ケータの立場としては、パンダかツチノコかと言う事よりも、それらをひいきする者の中に誰がいるかと言う事が問われており、その事でも旗幟鮮明を容易に行い難しありさまとなっていました。
さて、TBSで放送された「大岡越前」では、2人の町人がお金のやり取りから、意見が対立し、それで町内の多くの者がどちらかをひいきすると言うありさまとなってしまいました。
その対立のありようはけっこう半端ない状態でして、中にはその意見対立が離縁にまで突き進むほどでした。
例えば目明しの辰三が、元々別の意見を持っていたのにもかかわらず、女房のお花が離縁をほのめかした物だから、そうした意見を引っ込めてお花に同心する事で、離縁を阻止していました。
このような易幟のような事ができるのはまだましな方でして、
同心の佐橋孫兵衛が娘の千夏と意見が対立し、しかも同僚の
立花喬之助の姉である千鶴が孫兵衛に同心していたために、喬之助は姉と、後の夫人となる千夏の双方から自分に同心するように強引に詰め寄られてしまいました。
喬之助自身はこの争いに対して積極的にどちらの意見をひいきしようと言う意識はなかった物の、こんなありさまでは片一方をひいきすると言う選択すらできない状態に陥っていました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< 北朝鮮は日本に対していい事をしているつもりなのか | ホーム | 利益認識の乖離165 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP