FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

合成名詞の直訳②

今回はドイツ語合成名詞の2回目です。今回のテーマは国の名前に的を絞ってみたいと思います。


① イギリス


これに相当する単語は2通りありました。


England(エングラント)


Engelland(エンゲルラント)


Land は英語と発音以外はおんなじですから、特に説明は必要ないでしょう。合成名詞の直訳ですから、Land の前にある単語はなんぞやと言う所が問題ですね。


eng(エング)=狭い、窮屈な Engel(エンゲル)=天使、愛人


すなわち、前者ならば「狭い国」。後者ならば「天使国」とでも直訳しましょうか。(^_^;) 後者はともかく、前者のほうはですねぇ、本国がそんなだから、世界中に海外雄飛して、大英帝国を作ったんですかねぇ。(*´∀`)アハハン♪


② フランス


Frankreich(フランクライヒ)


Reich(ライヒ)=帝国、王国 frank(フランク)=自由な、大胆な、率直な


すなわち、「自由国」かなぁ。まあ、フランスならば、そういうイメージがよその国よりも当てはまりそうですねぇ。


まあ、歴史的には、かつて西フランク王国と名乗っていたところが後のフランスになったから、そう言う事情からフランクライヒとなったと言うのが正確かもしれません。


③ ロシア


Russland(ルスラント)→留守ラント? ( ^∀^)ゲラゲラ


まじめな話、ロシア人のことを Russe(ルッセ)と言います。後ろの e を抜いて Russland となったと言うのが真相です。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

<< 不急な119番減らせ | ホーム | 姦酷小唄 >>


コメント

おもろい♪

えげれすって2つあったのかw
後ろのは知らんかった。
イギリスと天使は結びつかないなぁww
まさか、アバロンのイメージじゃないよねw

阿麗☆さんへ

後者のほうは、西洋軍歌蒐集館に紹介の軍歌のタイトルから発見しました。

イギリス征討歌(Das Engellandlied)

不思議です。

イギリス人やフランス人という単語はないのですか?
なぜロシアだけそうなんでしょう?
う~~~ん?

刀舟さんへ

イギリス人は Englaender(エングレンダー)
フランス人は Franzose(フランツォーゼ)
と言います。<(_ _)>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP