FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

単なる反対派粛清の口実としての反腐敗

習氏にクーデター危機 胡錦濤政権での軍トップ・郭伯雄氏“粛清”の身柄拘束

中国の習近平国家主席が腐敗官僚の一掃を狙って推し進める「反腐敗運動」で、また新たな大物が葬り去られた。中国当局が、胡錦濤 前指導部で軍制服組の最高位を務めた郭伯雄・前中央軍事委員会副主席(72)の身柄を拘束していたことが明らかになった。郭氏と同じく前政権で軍事委副主 席を務めた徐才厚氏も昨夏に失脚している。だが、粛清をエスカレートさせる習政権への反発も軍部内で強まっており、軍事クーデターの危険がささやかれてい る。(夕刊フジ)
  共産党筋によれば、北京市内で軟禁状態にあった郭氏は今月9日、「反腐敗運動」を取り仕切る党中央規律検査委員会によって実質の身柄拘束となる「双規」を 通告された。郭氏には、制服組トップの軍事委副主席に在任中、部下から多額の賄賂を受け取った疑いがあるといい、中国当局が汚職の疑いで取り調べを始めて いるとみられる。


中国の事ですからね。真の意味での汚職撲滅がなされるのかと言う点で怪しいのですよ。中国の場合は、いつの時代になっても、我が国など及びもつかないほどの大規模な汚職がありまして、それを思えばどう見てもボスにとっての利害得失が問われているとしか思えないのですよ。
要するに所詮はそうした汚職撲滅は上っ張りの事でしかなく、ボスにとってのライバル抹殺と言う本音を覆い隠すためにやっているのに過ぎないのです。
真の意味での徹底的な汚職撲滅がなされているのならば、もっと現状は清くあるべきなんですが、やはりボスに迎合従順であるかどうかが問われているようでして、それさえパスしていれば、その人間自身の諸所の不正は黙認されている。それすらない事の方がクーデターの可能性を高くすると思うのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 韓国こそ悪しき隣人 | ホーム | うざい姦酷塵 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP