FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

良心を悪用するろくでなしに対する対抗策

本日2回目の更新はタイガーマスク寄付に関して別の視点から書いてみます。
犯罪や失敗ならばいざ知らず、かような慈善行為ならばなぜ実名で行わないのか。公表しても、賞賛こそされ、非難を食らう事はないでしょう。にもかかわらずかくも匿名同然の寄付が相次ぐのはなぜでしょうか。
匿名で行うからには、始めから自己顕示的な意識は捨ててかかっているに他なりません。要するにそれは世間の賞賛を受ける事を望んでいない事になります。
ここで思いついた事として、こうした人は世間の賞賛を受ける事に関して迷惑がる。嫌がる。そんな否定的な思いが存在してはいないでしょうか。
こんな事を書いたからと言って、別段、こうした人たちを変人呼ばわりしているわけではありません。場合によっては、そう言った発想が真理と言える事もあるのです。昨今は個人情報の保護に過剰にまでこだわる人が多くなりました。その結果、自身の居住地に表札を出さないなんて人がいます。
これらの個人情報隠蔽を欲するのは、いろんな勧誘に出くわすだろう事に対する未然防止の意図が働いている事が一因にあります。
話しはずれて、たとえば宝くじに大当たりした場合、そうした事が公になったばかりに、見ず知らずの人まで自宅に押しかけて、身内面をしたり、慈善団体を装っておごってもらう事、寄付を募る事を要求されるなんてケースもあります。
またまた話は転じて、会社でたまたま良い成果を得た社員がいたとします。本人自身にしてみれば、それは単なる基本給の範囲内で行ったのに過ぎない、始めから成果は会社の物として提供して差し支えない代物と割り切っても、会社の側で名指しで賞賛し、更なる期待をかけられたとしたらいかがな物でしょうか。
別段給与が上がるでもなしに、ただひたすら会社の側で期待ばかりをして、そのうちに自身の許容限度を超過した期待を当然のごとく要求し、それに応えられなかったばかりに会社から非難を食らう。そんな未来もあり得ます。
さて、寄付の場合も、実名で行ったばかりに、最初は感謝されていたのが、その時の個人情報を元に後々再度の寄付を求められ、それが次第にエスカレートして行き、しまいにはたかりまがいな物となり、それに応じられない物ならば、「けち」「人非人」などの非難中傷に出くわしてしまうなんて事もあり得るのではないでしょうか。
要するに、タイガーマスク寄付を行った人の中には、過去にそうした嫌な思いをした事があるのではないでしょうか。自身の清い心に付け込んで、横暴な振る舞いをする他人に対する警戒心や憎しみがあって、実名を出す事をはばかっているのです。
そこに「伊達直人」なる他人に成りすまして寄付を行う人が登場したことで、安心して自身の良心を貫徹させる手段が見つかったとして、この種の寄付が続出したのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

<< カメレオン並みな語学認識(下) | ホーム | カメレオン並みな語学認識(上) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP