FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本製の普及は万事「強制」が彼らの符牒だな

日本が強要したモンペ、レトロ・ファッションとして復活

1950年代は「着用運動」も
国中が光復(日本による植民地支配からの解放)の感激で沸いていた1945年8月15日の日中、ソウル 市内の孝子洞でこれを祝う行進をしていた群衆が、通りかかった女性をつかまえ、はいていたズボンを脱がせた。そのズボンは「もんぺ」、つまり日本の労働用 ズボンだったからだ。地方でも多くの女性たちが「もんぺ」をはいて外出中にこれを引き裂かれた。日本食の食堂の看板も壊されるほど反日感情が強かった当 時、「もんぺ」も容認されるはずがなかった。これはもともと、北海道や東北地方の女性たちが畑仕事をする時にはいていた作業服だった。ところが、日本がい わゆる「戦時体制」を宣言した1940年代には国民服のようにはくことを強要された。下着のようで女性たちはあまりはきたがらなかったが、44年には「も んぺ」をはかない女性に対してバス・電車の乗車や役所の出入りが制限された(72年4月5日付朝鮮日報)。
 光復後はしばら くの間、姿を消していたが、50年代になると街で再び見かけるようになった。貧しかった時代、着る服を選ぶ余裕はなかった。男性の多くが兵士の服を着たよ うに、女性の普段着は「もんぺ」に黒いゴム靴だった。さらに官庁でも着用を強く推進した。ソウル鍾路警察署は50年、「ぜいたく者は立ち入り禁止」「女子 にはもんぺ着用を特に要望する」とした(50年11月14日付東亜日報)。日本が韓国の王宮を辱めるために作ったソウル・昌慶苑動物園が光復後も数十年間 そのままだったように、朝鮮総督府の「もんぺ」推奨策も韓国の警察がまねたようだ。市民の反発が大きかったのか、51年に内務部(省に相当)長官が警察の 「もんぺ強要」を「非常識な警察官たちによる婦女子人権侵害だ」と批判、「(日本の服を)民族的にも奨励する理由はない」とクギを刺した。それでも「もん ぺ」はなくならず、庶民の間で「最も楽な服」としてはかれてきた。99年に財閥グループ会長夫人が犯罪の容疑をかけられていた夫を救うため、高官夫人の服 代を支払ったといううわさに端を発する「服ロビー疑惑事件」時、ある市民団体代表が「もんぺ」18着を首相に送った。「外国製の服を買うのに夢中な長官夫 人にあげなさい」という意味だった(99年6月1日付朝鮮日報)。
 こうした歴史や事情を知ってか知らずか、数年前「もんぺ ファッション」が若い女性たちの間でブームになった。高齢女性のものだとばかり思っていた、ダブダブの柄物パンツがレトロ・ファッションとして復活したの だ。幅が広い「バギーパンツ」の流行とも相通じるものがあった。ある専門家は「母親たちの『もんぺ』姿を見たことがない世代はこの服のもともとの用途を知 らないため、はきやすくて目新しいファッションとして受け入れられたのだろう」と分析している。
キム・ミョンファン史料研究室長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

彼らの場合、日本から導入された物に関しては万事強制されたと前置きするのが独自の符牒なのでしょうか。後の現実と言う物を彼ら自身が作っている以上、強制されたと言う主張は例によって眉唾であって、事実無根でしかない数多くの1つだと言う事であります。
さて、今ではファッションになっていると言う風であれば、いまだに、日本に「強制」された物以上に自国の物が下らない物でしかないと言う事に他ならないのではないでしょうか。
そして、どちらにしても彼らのいい加減ぶりをさらけ出していると言う事ですね。さように強制と言う言葉を使いたいのならば、北のように徹底的に排除するだけの政策を実施してしかるべきなのに、そう言う事をしていないからこそ、こんなありさまなのでしょう。
こんな事を言っている韓国は自ら、政治のだらしなさと文化の下らなさと言う物を見せつけていると言えるのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< そんな主張をするのならば代わって損失補てんを行うのか | ホーム | 利益認識の乖離176 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP