FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いまだ韓国は独りよがりな解釈のみ

【コラム】相手を知らずに育つ韓日青年世代(1)

冷え込んだ韓日関係に春を呼ぶつばめが見える。崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政部長官が23日、東京で麻生太郎副総理兼財務相 と会談し、第6回韓日財務対話をしたのが信号弾だ。年次会議が2年半ぶりに再開された。短くない時間だ。尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官は 23、24日にフィリピン・ボラカイで開催された第21回アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に出席し、宮沢洋一経済産業相と会談した。2年 1カ月ぶりだ。韓民求(ハン・ミング)国防部長官は中谷元防衛相と29-31日にシンガポールで開催される「第12回アジア安全保障会議」(シャングリラ 対話)で会談する予定だ。韓日はもう過去の歴史と懸案を分離し、経済・国防など実務分野を中心に対話を本格的に再開した姿だ。

しかしこれは政府間の関係回復にすぎないという事実に注目する必要がある。民間では深刻な状況になっているからだ。長く韓日学生交流 を主導してきたある教育界の関係者は「関係が冷え込んで両国間の修学旅行が途切れた状況であり、このため学生の交流も消えていく状況」と嘆いた。また「政 府同士は必要に応じて会って協力を再開できるが、問題は韓日民間人の相互誤解と感情的な争い」と話した。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が 23、24日に実施した世論調査で、「強制徴用された韓半島(朝鮮半島)出身者が働いた23件の明治産業施設の世界遺産登録に韓国が反対することについて どう思うか」という質問に対し、「理解できない」という回答が73%、「理解できる」が19.3%という結果が出たのも、日本の冷たい雰囲気を反映してい るという指摘だ。

問題は、韓日の関係がいつまで鍋のように冷えたり熱くなったりするのを繰り返さなければいけないのかだ。陶器のように冷めにくい案を 探さなければいけない。方法の一つに教育が挙げられる。すでに欧州で成功している方法だ。欧州委員会はかなり以前から大学生交換プログラムの「エラスム ス」を運営している。1987年に始まり、すでに300万人以上が参加した。1年間の長期交換奨学生プログラム参加者だけで23万人にのぼる。30万人の 高等教育機関教職員と行政職員にも交換研修の機会を提供した。33カ国・約4000人の教育団体要員も機会を得た。このような人的交流が基礎となり、政府 間の関係を越えた各国国民間の民間ネットワークが形成されているのが欧州だ。



いやいや我が国の場合は、昔に比べて韓国に関して知らないと言う事が少なくなっているのですよ。昔はなまじ知らなかった物だから、韓国のいんちきにころっとだまされる傾向が大きかった物です。
それに比べて、韓国の場合は、日本に対して知らないどころから、いんちきを知らされてきた物だから、はなから日本悪しきで事に及ぶ事が習いですから、少なくとも、こうした状況の元のまんま、無理に交流なんか行う必要などありません。
結局韓国の方では従前通りのいんちきで日本をだまくらかして、自国に一方的に有利につなげようと言うのが交流と思っている訳ですからね。

>問題は、韓日の関係がいつまで鍋のように冷えたり熱くなったりするのを繰り返さなければいけないのかだ
この言葉に関しても例によっての独りよがりなのですよ。もっぱら韓国の側の都合でこのように解釈されているのであって、日本の側では必ずしもこのような感覚で両国関係を考えている訳ではないのですよ。単に厄介者として遠ざけておくのに、冷えたり厚くなったりと言うような物とは別問題なのです。存在しない物として遠ざけておきたいと言うのが我が国での少なからず存在している本音だと言えましょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 別段韓国ならでは異常事ではないか | ホーム | 低信頼国家に高度な技術は必要ない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP