FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離177

「利益認識の乖離」第177回目です。
改めて起業と言う物を考えれば、それはすぐに結果か出る物ではなく、しばらくは支出だけになってしまうと言う事を考えれば、従業員を雇うと言う事は安易にできない物だと言う事です。雇う以上は、結果のいかんを問わず、給与を払う必要がある訳ですから、そう言う状況の中でしかるべき結果が出ない以上は、給与自体を出す事は容易ではありません。
にもかかわらず虫の良い経営者にしてみれば、会社全体のそうした状況を引き合いに出して給与支払いの延期を従業員に求める場合もありますが、そうした事は経営者として失格だと言う事に他なりません。
それは単に従業員保護の観点のみで言うだけでなく、経営の点からしても、最初の思惑通りに運んでいないからこそ給与が出せないと言う事であって、そう言う事態があり得るのであれば、従業員を雇う事も延期すべきであって、支出オンリーの事態から脱出できるまでは自分自身ののみで、あるいは共同体の中で処理するしかありません。
我が国の場合は、権限や待遇に関しては従業員と言う契約関係の中で遇するくせに、責任や負担に限っては共同体と言う関係を持ちだして、不釣り合いな要求を持って来るケースが少なくないのです。
経営上の負担は、経営者側の問題でして、それによって従業員よりも大きな利益を追求する意図だか、権限だかを有しているのですから、それ以下の給与だけを受け取るだけでしかない従業員に対して、そうした負担を求めるのは筋違いとしか言いようがありません。
「銀河疾風サスライガー」におけるブルースにしても、すぐに結果かが出る訳でもない行為のために、一方的に他の5人に対して優越的な立場に立つ事は望まず、対等の同志としての立場の元で考える事になり、日々の食事に関しても、これから行う商売で儲けたお金の中で、料理も同志の中の1人であるスージー頼みの、軍隊で言う「同じ釜の飯を食う」と言う発想で推し進める事になりました。
単なる雇用関係の元では、よしんば給与の遅延があろうとも、従業員の日々の食事に関して会社が責任を持つと言う事はなかなかない訳でして、そう言う時に限ってよその存在として邪険にしてしまう事が少なくないようですが、JJ9チームはれっきとした共同体関係で成り立っていましたから、必然的にそうはならなかったのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< 売れないレアアースの厄介払いですか | ホーム | 妄想の世界の中なら世界征服 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP