FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

オリジナルは公共福祉にあらず

皆さんこんばんわ。ただいまの所、奥が深くなってきた「タイガーマスク寄付」に関して、思い当たるところが多くなっています。今回は、そのオリジナルたる「タイガーマスク」自身に対して的を絞っていきましょう。
現実の世界においてタイガーマスクは孤児院へ寄付を行うある種のヒーローとして模倣された存在となっていますが、オリジナルの方は元来、悪役レスラーであって、別段、ヒーローでありえる存在ではありませんでした。
ただ、自身の育った場所である孤児院への寄付を行う事でそこで暮らす子供たちにとってはヒーローであった事は間違いありますまい。一般的には、この点が模倣されている訳なのですが、オリジナルの伊達直人にとっては、それは自分のふるさとを思うわたくしの心からであって、公共福祉ではなかったのです。
よって、彼にとってそこで暮らす子供たちは、弟や妹のような存在であって、彼らの前では覆面を外すのは当然であったと言えましょう。これに対して、現実の世界において彼を模倣している寄付は、赤の他人に対して行われる物でしかなく、公共福祉の役目を個人的に行っているのです。オリジナルの伊達直人と違って「覆面」を外さないのはある意味当然なのかもしれません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

<< 戦陣訓と降伏忌避の理(ことわり)⑮ | ホーム | 戦陣訓と降伏忌避の理(ことわり)⑭ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP