FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

相手の逆恨みにまで配慮していられるか

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」が教えてくれること

最近、一方的に自分の主張ばかりをしたり、価値観が違う相手を攻撃したり無視したり、相手の立場や、自分と異なる考え方の人を尊重しないような風潮が気になっています。

せめて自分はそういうことがないように、「相手の立場を考える」ということを、常々意識するようにしていて、自分では実行しているという自負もありましたが、それは、ただ自分がそういうつもりになっているだけではないかと、考えさせられることがありました。
広告

それは「めでたし、めでたし?」というタイトルの、ある広告コピーを目にしてのことです。

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」という子供が書いた文字に、涙を流す子鬼のイラスト、合わせて「一方的な『めでたし、めでたし』を、生まないために。広げよう、あなたがみている世界。」というメッセージが記されています。

これは、日本新聞協会広告委員会が開催した「2013年新聞広告クリエーティブコンテスト」の最優秀賞、東京コピーライターズクラブの2014年TCC賞最高新人賞を受賞した、コピーライターの山﨑博司氏の作品です。

山﨑氏がこのコピーを考案したきっかけは、シリア内戦に対するアメリカの軍事介入だったそうで、「世界にとって“正義”であると 世の中は思っていたのかもしれない。しかし、限られた情報の中で、ものごとを一方的に決めつけてしまうことが本当に正しいのか。それを桃太郎の話に重ね合 わせて世に問いたかった」とのことで、政治的アピールや反戦運動をしたかったわけではなく、“物事を様々な側面から考えること”、“相手の立場に立って考 えること”の大切さを伝えたかったということでした。


ここでは、立場が変われば、考え方も異なると言う事でして、要するに相手には相手の考え方があるのだから、かような一律的な考え方は良くない。相手の立場にも立って考えてみようと言う事が言いたいようですが、果たして真の意味でお互いを客観視した考えができるのかと言う事がはなはだ疑問なのですよ。
とりわけ、左巻きはかつての日本を客観視して考える事をせず、まずもって日本悪しきで物を考えていますからねぇ。
つまり、ここでは鬼が理不尽に桃太郎によって叩かれた気の毒な存在として強調されていますが、ではその鬼の立場にかつての日本を当てはめていても、そのまんまの考えを維持できるでしょうか。
彼ら的には、かつての日本は見境なしの周辺に対する侵略を行ったから、カウンターアタックを食らって馬鹿を見る結果となったのは因果応報だと見なしているのではないでしょうか。
「桃太郎」の世界における鬼とはそう言う事ではなかったのではないでしょうか。
普遍的な悪を制裁する立場に日本が就こう物ならば、制裁される鬼を、理不尽ないじめに出くわした被害者として、またぞろ日本悪しきの発言をするだけの事ではないのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 「寝っ転がれ」ても歯科クリニックの患者は偉くない | ホーム | 艦隊司令部の位置⑥ >>


コメント

左巻みたいに、鬼に同情はともかく、桃太郎を敵視したら立ち位置がおかしいよね。
まして、それを桃太郎の家で、家族に吹き込んで鬼そのものだ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP