FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中身より外見が必要とされる時

皆さんおはようございます。時代劇で悪役が多い俳優の1人として中尾彬が最近ではCMで見る事が出来ます。これに対して立川三貴や内田勝正など他に悪役で登場する俳優でCMで見かける事がありません。この辺の所は中尾彬はバラエティでも登場して、物まねのネタにされると言うことも関係しているのでしょうか。
ちなみに神奈月と言う物まね芸人のネタの1人に萩原流行がいます。萩原流行は時代劇で悪役として登場したのを見た事がありますが、悪役中心と言うわけでなく、また、CMで見かけた事があります。悪役中心の人はCM向きではないようですね。
さて、タイガーマスクは元々悪役レスラーだったわけで、少なくともそうした悪いイメージが付いて回る状態では、よしんばその本人である伊達直人が善人で、養護施設に対する寄付が公共福祉と言う前提の元で行われたとしても、やはり覆面は外して行うのが正論でしょう。
なるほど、寄付を行う伊達直人は子供たちにとってはヒーローだったかも知れませんが、タイガーマスクに悪役レスラーとしての悪いイメージが付いて回る状態の下では、子供たちはリングの上では別の者をヒーローとして求め、タイガーマスクは叩き潰される悪者でしかないと見なすでしょう。
そうした状態の下では、タイガーマスクのまま寄付を行っても嫌がられて受け付けてもらえないでしょう。悪いイメージを置いて来るためにも、タイガーマスクの覆面は外すべきなのです。
考え方を変えて、タイガーマスクを基準にしたならば、悪いイメージを隠蔽するために伊達直人の覆面を必要としたと言うべきでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

<< 戦陣訓と降伏忌避の理(ことわり)⑰ | ホーム | 軍服ファッションはご法度ですよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP