FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本のいくさ批判は常に「トツギーノ」

「戦争しない国 示せる」 小澤征爾さん訴え

世界的指揮者の小澤征爾さん(79)が20日、訪問先のスイス西部ロールで共同通信と単独会見し、戦後70年を迎える日本は「(今後もずっと)『戦争をしない国』としての良い例を世界に示せるはずだ」と述べ、平和国家の立場を貫くよう訴えた。
 小澤さんは「日本は戦争で間違いをして、戦争の一番いやな体験をした。戦争を歴史(として過去のこと)にしてしまうことは相当危険だ」と語り、高齢者が若い世代へ戦争の記憶を語り継ぐ重要性を強調した。
 また、今の大半の政治家は戦争を知らないと指摘。「政治家は『平和が大事だ』と言っていても、本当は身に染みていない人がいるかもしれない」とも語った。
 旧満州生まれの小澤さんは、日中関係について「政治のことは分からないが、個人的には多くの友人が(中国に)いる」と説明。具体的な日時は決まっ ていないが、公演のため「中国には必ず行くつもりだ」と述べ、音楽活動を通じて日中関係の改善に取り組む姿勢をあらためて示した。(共同)


バカリズムのギャグの1つ、と言うか1番古い物ですが、いろんな絵をあらかじめ用意しておいて、その絵に対応する言葉を口にして行く言うパターンでしたが、決まって最後は、その前に出した絵とのつながりなんぞを度外視して、「トツギーノ」で締めくくると言う、ある種のイミフなギャグでした。
さて、我が国におけるいくさ批判に関しても、こうしたバカリズムのギャグのような物が頻繁に見えており、本来、いくさにも多種多様な中身があり、それと同様に多種多様な結果があって知るべきなのですが、これらの連中の発想と言えば、「トツギーノ」よろしく、その前との整合性を度外視して、ひと通りの結末しか頭にないのです。
いくさその物を批判する事は決して悪くないのですが、そうした「トツギーノ」の類いにだけはなってはならないと思うのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< ヨーロッパのいくさには関係ない事だからな | ホーム | すぐ始めるか中止するかはっきりしろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP